<   2019年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

全国誌「TURNS」ローカルカフェと、本屋案内。好評発売中!

がんばったので宣伝しちゃいます。


ただいま発売中の
季刊誌「TURNS」34号(第一プログレス)
特集は「ローカルカフェと、本屋案内。」

これ、結構「ザ・北海道まつり」になっています(笑)。

すごいの、北海道の登場頻度が高くて!
f0189650_10505494.jpg
私は北海道エリアの編集を担当されている
ミチクル工房の來嶋さんに声をかけていただいて

以下の記事を書きました。

・「俊カフェ」(札幌市)さん 2P
f0189650_10503788.jpg
全国でもここだけ!詩人谷川俊太郎さん公認の
文学カフェ「俊カフェ」古川さんが
このたび、手記を出されたのは昨日のブログのとおりです。

古川さんが作った「俊カフェ」という空間が
いま、どんな風になっているのかを書きました。


・本屋案内のトップバッター!
砂川市のいわた書店さん 8P
f0189650_10504513.jpg
「一万円選書」で有名ないわた書店さん。

すでにあちこちで取り上げられているので
「どう差別化して見せるか」が鍵でしたが、

いやーーーーー!
もう余計なケンソンはなしにして(笑)
めちゃめちゃカッコイイページになりました!

來嶋さんのプランがすごかったのと、
カメラマンの佐々木育弥さんの写真がすばらしい!

こうやって選書しているんだ、という瞬間も
ばっちりおさえて、
ますます、いわた書店さんに
行きたくなっちゃう誌面に仕上がりました。


・「地方のインフラ」というレギュラー企画 4P

今回は特集にあわせて「書店が消える」という
いささかシビアな切り口になりましたが、

そんな状況でも奮闘している書店や団体を紹介しています。

留萌市の留萌ブックセンターby三省堂書店さん
江別市の北海道ブックシェアリングさん
f0189650_10505072.jpg
さらっとですが、
札幌市の書肆吉成さん、浦河町の森の六畳書房さん
そして3月開店を待つかの書房さんにも触れています。

この「地方のインフラ」の記事を書くにあたって
私のまったく個人的な裏テーマは
「くすみ書房」さんのことを全国に知ってもらう、でした。

亡くなった久住さんが残したものが
(思い出も含めて)
実は各地の書店を勇気づけているのではないか。
(実際に留萌ブックセンターby三省堂書店さんでは
 店頭でアレをやっていました)

そんな思いを地模様にしながら書いた4ページです。


北海道の書店のことをこんなに書かせてもらって
本当にうれしかった。

声をかけてくれた來嶋さんに感謝、感謝の一言です。
そしてなにより、
何年間も「北海道書店ナビ」をやらせてくれている
コアさんにも 大 感 謝 !!


本屋さん、これからもあり続けてほしいですよね。

スタイルや運営法は変わってくるかもしれませんが、
読書という人類の長い営みに、本屋は欠かせないもの。

そう、信じたい。


上記の私の記事以外にも北海道の素敵なスポットを
たっぷり紹介している「TURNS」(ターンズ)34号、

ぜひとも、店頭チェックをお願いしまーーーす!

by miminibanana | 2019-02-28 11:21 | 仕事紹介 | Comments(0)

『手記 札幌に俊カフェができました』発売!

2/27水曜。

おすすめ新刊をご紹介しますね。

古川奈央著
『手記 札幌に俊カフェができました』(ポエムピース)

「俊カフェ」とは、
詩人の谷川俊太郎さんの大ファンである
一人の女性が作ってしまった(!)
谷川さん公認の文学カフェのこと。

その行動力ある女性が、
札幌でライターをしている古川奈央さんです。
f0189650_14292289.jpeg
古川さんの誕生日である昨日は、
俊カフェで出版記念パーティーがありました。

私は北海道書店ナビの取材も兼ねており、
会の様子をスマホでパシャ、パシャ。
f0189650_14293200.jpeg
とってもあたたかい集まりでしたよー。


パーティーでもご紹介がありましたが、

私は古川さんが一度原稿を最後まで書き切った時点で
編集者さんの校正が入る前の
湯気が上がりそうな、ほっかほかの生原稿を
「下読み」させてもらっていたんですね。

その以前から北海道書店ナビの取材で
「俊カフェ」さんには何度もお世話になっていて

何か古川さんのお役に立てたら、という思いもあり、

編集者さんのおじゃまにならない範囲で
気付いたことをいくつかのべさせてもらった、
という経緯がありました。


その後、古川さんのご厚意で、
上記の俊カフェ本の
「古川奈央を傍らで見てきた人たち」コーナーに
寄稿までさせていただいたこと、
心から御礼申し上げまするるるー。


本書は「手記」という形で
古川さんがたどってきた道のりが
あますところなく描かれています。

ほかの誰にも書けない、
古川さんだから経験できた出会いやドラマが
ぎっっっしりと詰まっている。

ぜひ、ご一読を!


『手記 札幌に俊カフェができました』
古川奈央  ポエムピース


by miminibanana | 2019-02-27 15:30 | おすすめ | Comments(0)

伸びてゆく若者たち

2月26日火曜。

午前中、すばらしい若者たちの取材。

いやあ、ホントにすばらしかった!

専門のことを
私のような門外漢の人間に話すのが、
とっても上手。

これは大人でもできない人が多く、
訓練(経験)を積まないと、相当難しいスキル。


「たとえ上手」の人は、
そういう力が長けているんだと思います。

しかもちゃんと、他の人が言ったことと
かぶらない答えを返してくれるし。大人か!


終始、感動しっぱなしでした。
すごいなあ〜。

by miminibanana | 2019-02-26 13:26 | 世間話 | Comments(0)

iPhoneXsになりましたー

2/25月曜。

スマホ、変えました。

データのバックアップから
復元も全部、自分でやれたー。

「iTunesからの復元」で
絶対確認しなきゃいけなかったことは、

iTunesのバージョンが最新でなければならないこと。


一瞬、iTunesが
新しいスマホを認識してくれなくて

「アクセスを許可できない」となり、
ひやっとしましたが(ホントは泣きべそでした)

iTunesを最新ver.にアップデートしたら
一気に解決!


いやあ、大事なことだから繰り返していいますね。

iTunesのバージョンが最新でなければならない。


そのあとはすべて順調で普通に使えていまーす。

by miminibanana | 2019-02-25 22:14 | 世間話 | Comments(0)

春間近

2/24日曜。

日に日に、朝陽がまぶしく春間近。
f0189650_13511173.jpg
新しい案件をいただいたので
気を引き締めつつ。


やっぱり2月は早かった!

by miminibanana | 2019-02-24 13:55 | 世間話 | Comments(0)

映画『マイ・ブックショップ』試写感想

2/23土曜。

昨日、試写で見てきました。

WEBマガジン「北海道書店ナビ」で2010年から
道内の書店を取材してきた私にとっては、
とても冷静に見ることはむずかしく(笑)。

一夜明けて、ようやっと文章にできるような気がしました。


映画『マイ・ブックショップ』原題:THE BOOK SHOP
監督・脚本 イザベル・コイシェ
出演 エモリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソン
f0189650_17441839.jpg
映画冒頭、いけすかない銀行員が言い放つ
「本屋に融資はできません」を聞いて
鼻で笑ってしまったのは、
まったく同じ話をつい最近、聞いたことがあったから。


はじめての客に選書するときの
主人公のワクワクした表情は、
田舎から全国に本を届けるあの人と同じ。


夫との夢だった小さな書店にたたずむ彼女の姿が
だんだんさまになっていく様子は、
古書の香りに包まれて棚の前に立つ
店主のシルエットと重なった。


「町の女王」にどんどん追いつめられていき、
顔に絶望のかげりが見え始めると、
一度は閉店を決意した話を明かしてくれた
あの人の涙を思い出した。


“本屋のオヤジ”が見たら、さぞや喜んだことだろう。

「彼女は、あの場所でこんな企画を
 試してみればよかったんじゃないか」と
アイデアを膨らませたりしたかもしれない。


どの場面を見ても、
今までお話をうかがったあの顔この顔が浮かんできて
本屋とは生と死が行き交う場所なのか、と
今まで考えたこともないことばが生まれでた。

抑制と社交辞令と陰口がきいている
イギリス映画らしい結末。

最後の最後の一言が、
これまでもこれからも本屋で働く人たちを
大きなブランケットのように包みこむ——。


原題はTHE BOOKSHOPですが、
日本の配給にあたり、“THE”という定冠詞を
よりエモーショナルな「マイ」に変えたのではないかしらん
と、推測します。


映画『マイ・ブックショップ』は
シアターキノで3月30日から公開!

by miminibanana | 2019-02-23 17:49 | おすすめ | Comments(0)

2/21の北海道地震のとき

2/22金曜。

昨夜の地震、こんな感じでした。


中央区で楽しい飲み会があり、
ちょうど終わって店を出たところで揺れた。

地下鉄で帰ろうと思ったら「安全確認のため」ストップ。
JRも同じく。

あわててタクシー待ちの列に並ぶ。

この時点でスマホ充電が80%あったので
Facebookで状況をアップ。

タクシー待ち30〜40人くらいで、
しばらくするとあきらめて離脱する人や
迎えにきてもらって列を外れる人がぽつぽつと。


「あ、ご近所さんが街中にいたら一緒に帰ろう」と思い、
Facebookで呼びかける。
(タクシーチケットを持っていたので強気だった笑)

平行してありがたいことに、ご近所のUさんから
「大丈夫?」メールがくる。

Uさんズハズバンドが街中にいるので合流することに。


さらにご近所のYさんからも「今どこ?」と連絡あり。
「サツエキ(札幌駅)の北口ですー」

先に帰宅したYさんズハズバンドが
私のFBの呼びかけを見て、Yさんに連絡したらしい。


はい、これでみんなが合流して3人に。
まあ、心強いこと、心強いこと。

この間もFBで皆さんが地下鉄状況を教えてくれたり
なかには「車出す?」「泊まりにきてもOK!」と
言ってくださるお申し出もあって、
どんなカイロよりも心が暖かくなりました。

本当にありがとうございました。


合流すると、お友達に列に並んでもらったまま
トイレにも行けたので、めちゃめちゃ助かった!

そしてトイレから帰ってきたら
Yさんズハズバンドがわざわざ車を出してくださることがわかり
(天使か!)

列を離脱して、コンビニで暖をとる。

そんでもって乗せていただいて、
無事に帰ってくることができましたとさ、という次第です。


いやあ、ありがたすぎるご近所ネットワーク!

私はライターですが、
本当にこういうときは「感謝」の一言しか浮かんでこない。


教訓は、やはりスマホの充電をちゃんとしておくこと。
あと、自分のことだけでなく「誰か」を思いやること。


一夜明けまして、
みなさんも、みなさんの大事な人も
無事でありますように。

by miminibanana | 2019-02-22 11:03 | 世間話 | Comments(0)

少しずつ

2/19火曜。

本日は、午後から取材デイです。

すこーしずつですが
冬の終わりを感じるようになってきましたね。

by miminibanana | 2019-02-19 10:48 | 世間話 | Comments(0)

掲載誌届いた!

2/18月曜。

明後日発売なのでまだ控えますが、

年明けから頑張って書いた原稿の
掲載誌が届いてうれしい。


なんといっても
「この話題ならサトウユウコさんかな」と
思ってもらえたことがありがたい。


サトウユウコさん、うれしいっす。

by miminibanana | 2019-02-18 16:17 | 世間話 | Comments(0)

露口啓二さんと写真を話す会

さがみはら写真賞受賞記念  露口啓二さんと写真を話す会

開催日:2019年1月13日 日曜日 12:00開会
会場:
札幌市民交流プラザ 
札幌文化芸術交流センターSCARTS 2階 スタジオ1・2
北海道札幌市中央区北1条西1丁目


さがみはら写真賞受賞記念 露口啓二さんと写真を話す会
トーク再録レポート

できました。


f0189650_19525352.png

Wordで書いてPDFにしたものが
当日の来場者に配信されています。

もちろん転送、大、大、大歓迎!


「読みたい〜」という方は私にご連絡くださいな。
対応します。

by miminibanana | 2019-02-17 19:54 | レポート | Comments(0)