<   2018年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

連休最終日はホームパーチーで

7/16月曜。

昨日は録画した映画「エイリアン」シリーズの
最新作2本を見てから、原稿を2本アップ。

夜はジョコヴィッチの優勝を確かめ、
ワールドカップ決勝戦を見届けて就寝。

当然、今朝、寝坊〜。


今日はこれからご近所のお宅で、
ホームパーチー!

行ってきまぁす。

by miminibanana | 2018-07-16 10:35 | 世間話 | Comments(0)

3連休はランから!

7/14土曜。

昨夜はかろうじて金曜のうちに
ご近所さんと一緒に帰宅。

いーーーっぱい食べて飲んだので
今朝は2週間ぶりに朝ランしてきました。


つ、 疲 れ た ーーーーーー。


でもこれで、少しは消費できた、か、な…。

この3連休は
締切を片付けて
見積もりを考えて…時々ビールかもしれますん。

by miminibanana | 2018-07-14 13:19 | 世間話 | Comments(0)

冷蔵庫を肴に夏の納涼会!

7/13金曜。

本日は打ち合わせデイでした。

毎年9月に開かれる「北海道ブックフェス」に
北海道書店ナビとしてどう関われるか、考えます。

書店ナビでもなんかグッズ?
ブックマークとか作りたいなあ〜。


お昼は、大好きなたまご雑炊の店「春帆」!
あったかいソーメン、やさしくて最高だ〜。

午後も新しい案件に声をかけていただいて、
お見積もりを出すことに。


さらに今夜はいつも仲良くしてもらってる皆さんと
夏の納涼会!

ツードアの冷蔵庫を新調したオフィスで
食べます、飲みます、しゃべります〜。

by miminibanana | 2018-07-13 16:50 | 世間話 | Comments(0)

ものづくり談義

7/12木曜。

昨夜は、声をかけてもらって
タイ料理を食べながらものづくり談義。

お互い、元気をチャージしあう。

先日の「北の読書環境シンポジウム」でも
お話しましたが、
元気のある書店&ブックカフェは

・選書力
(ここは業界ごとに必要とされる専門力、
 と置き換えて考えてもいいと思う)

・イベント
 あそこに行けば、というにぎわいがある。

・チャレンジ
 人はチャレンジしている人を応援したくなる!
 (スポーツ観戦と一緒!)

の特徴があると思います。

特に3つめは重要ですよね。

そしてこの3つが“効く”のは、
業界を超えても通じそうですよね。

私もいっっぱい刺激をもらえて
楽しかった!

Tさん&Sさん、
またぜひ、札幌にお越しの際には
声をかけてくださいね!


今日はこれから書店ナビの取材で
旭川に行ってきまーーーーす。

by miminibanana | 2018-07-12 09:16 | 世間話 | Comments(0)

ジンギスカンのうどんはうまい

7/11水曜。

午前中はレギュラーの仕事で北大へ。

緑がキレイだったなー。

キャンパスの中にセコマが作られてました。
ロゴを含んだ看板まわりが、
あのオレンジと白じゃなくて木彫風。

ジンギスカンスペースもできるんですって。


そういえば、太郎吉蔵デザイン会議中
久しぶりに松尾ジンギスカンを食べました。

うどんは、うちもよくやってたけど
紅白もちが意外だったなー。


『日本一貧乏な観光列車が走るまで』
全国の書店でもAmazonでも好評発売中です!

by miminibanana | 2018-07-11 15:41 | 世間話 | Comments(0)

11ぴきのねこ in 滝川

7/10火曜。

滝川で見つけました、
馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」。

う ま い 。
f0189650_15480841.jpg

『日本一貧乏な観光列車が走るまで』
全国の書店でもAmazonでも好評発売中です!

by miminibanana | 2018-07-10 15:49 | 世間話 | Comments(0)

人との出会いを資源化する

7/9月曜。

太郎吉蔵デザイン会議の余韻を残しつつ、
日常が始まります。

と言いながら、交換した名刺を振り返り、

「この方に本のフルコースをお願いしたら
 面白いかも…」と考えてみたりします。


会議の発言にもありましたが
「人と人をつなげて資源化すること」は
観光以外のことにも通じるなあ。

by miminibanana | 2018-07-09 16:38 | 世間話 | Comments(0)

太郎吉蔵デザイン会議、最終日

7/8日曜。

太郎吉蔵デザイン会議、3日目。

気持ちのいい涼しさをまとった
晴天の最終日となりました。

「観光力」とはいったい何なのか。

3日間の総括を含めたディスカッションが続きます。

一人5分程度のプレゼンテーション
「こんなところに行ってきた」では、

カリフォリニア州ソノマでの
ウェディングパーティーから始まり、

キャンピングトレーラーで訪れた猪苗代湖、
栃木県岩舟町にある
古民家スタジオでのよもぎもちづくり、

地元、滝川の丸加高原や
雪山でのバックカントリー、

緑豊かな通学路の中札内村、
そして海を超えた台北のパン屋事情など

個性豊かな6人のプレゼンで国内外をひとめぐり。

休憩をはさんだのちに、

梅原さんは「どこかはナイショ」の秘境温泉宿を、
原さんが「マナーの悪い団体客」だけではない
中国のいまの姿を紹介し、

最後の最後に、原さんが
「観光の中に未来が入っている」と述べて
3日間のプログラムをすべて終えました。


個人的には、今年の濃密度がとてもよかった!

「観光力」というテーマが身近な話題でしたし、

私が書いた「ながまれ海峡号」の話にも
十分、通じるところがありました。


「その土地の人たちが楽しんでいる姿を見に行く」とか
「なにもない」を見たいと思う人たちがいることーー。

「コト」消費から「トキ」消費へーー。


つかんでいるひとたちはすでにつかんでいる、
「これからの観光像」に迫った3日間でした。


山岸さんをはじめ、山岸さんや山岸さん、
矢口さんや矢口さんや、矢口さんまで(笑)

関係者の皆様、本当にお疲れさまでございました。

や、スタッフがたったお二人というわけではありませんが、
やはり立役者のお二人、
山岸さんと矢口さんに心から感謝を!

by miminibanana | 2018-07-08 17:08 | 世間話 | Comments(0)

太郎吉蔵デザイン会議2日目終了

7/7土曜。

太郎吉蔵デザイン会議2日目。

今日は東川町にまさに本日
オープンしたばかりの新複合施設「せんとぴゅあ」を見学。

図書館が大変すばらしいことになっていました。
f0189650_22561648.jpg
これはまた、あらためて
北海道書店ナビで
取材に来てもいいかもしれない。

お次は、旭川の老舗家具メーカー
カンディハウスさんの工場見学。

そんでもってまたまた太郎吉蔵に戻ってきて

季刊誌「自由人」の編集長であり、

新潟県で「体感するメディア」としての
宿泊施設を実現した「里山十帖」を経営している
岩佐十良さんのお話をうかがう。

里山十帖


岩佐さんが定義づけた「観光」とは
人と人を結びつけてどうやって資源化するか。

うーん、ここまでクリアーに明文化してくれるとは
さすが、編集長!の一言です。

このあとのパネルディスカッションも
盛り上がる、盛り上がる。

誰かの発言に思わず…という感じで
自然発生的に会話を積み重ねあう、
ザ・ディスカッションの時間が過ぎていきました。

いやあ、もりもり盛りだくさんすぎて
あとでノートを見返して整理しないと
頭の中が破裂しそう(笑)。


そして夜は、松尾ジンギスカン。

替えのないカーディガンとストールに
ばっっっっちりジンギスカンの匂いが…おおぅ…。

部屋にあったリセッシュして寝ます〜。

さあ、明日が最終日!

by miminibanana | 2018-07-07 23:14 | 世間話 | Comments(0)

始まりました第10回太郎吉蔵デザイン会議

7/6金曜。

今年で連続3回目!

昨日までの雨がウソのような快晴…
なのですが、気温が寒〜い滝川で

今年も始まりました、
「太郎吉蔵デザイン会議」。

記念すべき第10回のテーマは「観光力」。
f0189650_22401040.jpg
初日は、ニセコに佇む
15室の高級旅館「坐忘林」のオーナー、
ショウヤ・グリッグさんのお話から
始まりました。

そのあとは、原研哉さんや梅原真さんたちによる
パネルディスカッション。

ラグジュアリー=ぜいたくな観光とは、
その土地(ローカル)の本当の力を
際立たせて見せること。


日本人スタッフが
普段は袖を通さないような法被を着て、
外国人観光客を玄関で迎えることではないようです。


ショウヤさんご本人が自覚していないような
ビジネスセンスの背景を

彼の生い立ちからズバッと分析してみせた
パネリスト、西山浩平さんが
「すごすぎる」の一言。

「本能的にセンスがいい」の一言で
片付けられそうな坐忘林の成功の土台に

イギリス労働者階級独自の
たくましい生命力を読み取るとは……!

こわいくらいに腹落ちしました。


それと、冒頭の梅原さんの
「遠くへ行きたい」の指摘もよかった。

「遠くへ行きたい」には、
「愛する人とめぐり逢いたい」という歌詞も
あるんですって。

イギリスに生まれ、オーストラリアで育ち
ヨーロッパ中を旅しても
get lost=道に迷ったような居心地の悪さを
感じていたショウヤさんが日本で見出したものは

夢をかなえる理想の地、ニセコと愛する女性。

永六輔が書いた歌詞の世界をそのまま体現して、
現在もニセコから
新しい空間づくりに挑んでおられるそうです。



あんまり、まとまりませんが
以上で初日は終了でーす。

by miminibanana | 2018-07-06 23:16 | 世間話 | Comments(0)