<   2018年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

日本一貧乏な観光列車「本」になっています!(著者より)

7/31火曜。札幌、まぶしいくらい快晴です!

昨日のNHK「おはよう日本」で

“日本一貧乏な観光列車”ながまれ海峡号が
紹介されたのを、ご覧いただけたでしょうか!

「けさのクローズアップ」コーナーで
たっぷり取り上げていただいて、

内容はNHKサイトでも“復習”できるようです。


この「予算はないが、知恵と情熱で走らせる」観光列車の実話は
今年3月にノンフィクション本として全国出版されています。

それがこちら!
『日本一貧乏な観光列車が走るまで
 「ながまれ海峡号」の奇跡』
佐藤優子著 永山茂監修 ぴあ出版

全国の書店でもAmazonでも好評発売中です!
f0189650_13573266.jpg
本書には、
2016年北海道新幹線開業と同時にできたばかりの
道南の小さなローカル鉄道、道南いさりび鉄道が

超多忙な開業1年目からどうして、
観光列車を走らせることができたのか。

限られた予算のなかで、
どうやって「地域ぐるみのおもてなし」を
実現できたのか。

「ながまれ海峡号」が試みた、
数数の「全国初」のビジネススキームとは、
一体どういうものなのか!

を詳しくご紹介しています。

道南いさりび鉄道


一連のプロジェクトをけん引したのは、
日本旅行北海道の永山茂さん
(本の監修も務めていただきました)。

北海道と鉄道をこよなく愛する永山さんだから
なし得たこともあれば、

永山さんの情熱に共鳴し、
「よし、やろう!」と立ち上がってくれた
道南のみなさまがいる…!


NHKの番組でも、乗車されたお客様や
高瀬アナウンサーがおっしゃっていましたが

自称“日本一貧乏な観光列車”の
“貧乏”の裏返しには、日本一のあたたかさがある!


これは執筆前の2017年に試乗し、
関係者の皆様に取材をさせていただいた
私自身が感じることでもあり、

最高のほめことばを
いただいたような気がしています。


マニアックな鉄道の知識がなくとも
(恥ずかしながら私がそうですので)

「まちづくり」や「地域創生」の観点から
十分楽しんでいただけるように心がけながら

北海道発の熱いヒューマンドラマを書きました!


『日本一貧乏な観光列車が走るまで』
全国の書店でもAmazonでも好評発売中です!
f0189650_08534245.jpg

こちらは、今年5月に紀伊國屋書店札幌本店さんでやった
出版記念トークショーの風景です。

永山さんと一緒に、
本のこと、鉄道で実現する地方創生について
かわるがわるマイクを持ちました。

f0189650_17160191.jpg

この本を書くまでは、
「北海道にこんなにすごい“鉄っちゃん”がいるんだ!」と
知らなかった不勉強の私ですが、

永山さんと出会えて本当によかった。

ふたりとも冗談を言ってばかりの間柄。
f0189650_17184408.jpg
行きつけの店が実は隣同士だったなんて、
まさに運命(笑)。

お店の前の小道でバッタリ出くわして

私「……あれ? な、永山さん?」
永山「あれまあ、佐藤さん?どしたの?」

なんてこともありました。


私が別媒体で、永山さんに取材させてもらった
「本のフルコース」もありますよ!

ぜひ、ご覧ください。

by miminibanana | 2018-07-31 07:53 | 仕事紹介 | Comments(0)

聞いててよかった!

7/30月曜。

札幌、ゲキ暑でした。

夜、タイ料理をたらふく食べて
おなかがはちきれそう。

いただいたおみやげは、
明日のランチにしよう。


今日の打ち合わせ、「聞いててよかった」情報ばかり。
やはり“餅は餅屋”に。

重要なキーワードをいくつもいただいて、
これで取材シートづくりに入れます。

この「何を聞くか」を練る作業が
実は当日と同じくらい大事なんですよね。

by miminibanana | 2018-07-30 23:53 | 世間話 | Comments(0)

さよなら週末

7/29日曜。

ふわーーーー、
今日も暑かったですねーーー。

この秋にお届けできる案件、
進んでいます。

すんごい短期間で(笑)。


夕方、ガマンできなくて
カヴァを買いに行く。

シュワシュワーーッと
週末がとけていきます。

by miminibanana | 2018-07-29 23:40 | 世間話 | Comments(0)

台風にご用心を!

7/28土曜。

札幌、照りつける快晴ですが
風が強くて、なんだか落ちつきません。

関東にお住まいのみなさん、
台風が少しでも早く通過しますように。


はーーー、出かける準備をしているだけで
汗だく!

by miminibanana | 2018-07-28 15:56 | 世間話 | Comments(0)

暑…

7/27金曜。

お暑うございます…。

げんこう、げんくわう…。

by miminibanana | 2018-07-27 12:57 | 世間話 | Comments(0)

タイトルが決まる

7/26木曜。

今日、すごくいいタイトルが決まりました。

その場のみなさんも納得顔で、
これしかない、という感じ。

ああ、これで
太くてたくましい背骨がどーーーーんとできました。

きっといいものが出来上がる!

近日発表をお楽しみに〜。

by miminibanana | 2018-07-26 22:15 | 世間話 | Comments(0)

ウッドクラフト旦(あした)プロジェクト職人展、終了!

7/25水曜。

昨日で最終日を迎えた
「ウッドクラフト旦(あした)プロジェクト職人展」。

「結納ウッドクラフト 旦(あした)」を作った
職人たちのグループ展でした。

江差町の桐、すなわち日本最北端の“北限の桐”を使った
桐箱と手彫りの漆盆セットの
「結納ウッドクラフト 旦(あした)」はこちら!

f0189650_11143823.jpg

7/17火曜、会期前日の搬入。

会場である札幌三越4階のギャラリースペースで
とんかん、とんかん。

男性陣、みな職人だから頼もしい、頼もしい!
f0189650_11122404.jpg
3時間でこんな素敵なセットが完成!

結納にちなんで、テーマは「家」。
三角屋根と木のあたたかみが効いています。
f0189650_11165798.jpg
お隣との敷居になる壁に貼るポスターも
「家」つながりで「家系図」をイメージ。

「旦(あした)」のコンセプトを表現しています。

コピーは私、デザインはrocketdesignの菊池信悟さんです。
f0189650_11181990.jpg
各作家さん紹介のネームスタンドも

私がコピーを考え、
菊池さんが簡単な三角錐がつくれるようレイアウトし、

手先が器用な筆耕の新尚江さんに“工作”してもらいました。
新さん、グッジョブ!
f0189650_11211712.jpeg
初日はこんな感じ!
f0189650_11315317.jpg

主役はやはりこれ! 「結納ウッドクラフト旦(あした)」
江差町の桐とともに。
f0189650_11321373.jpg
この制作・広告に関わった木工職人、真鍮作家ご夫婦、
ガラス作家、筆耕(水引も)、豆料理専門家、
ライター、カメラマン、デザイナー、

そして、みんなを取りまとめてくれたコーディネーターと
総勢11人のグループ展、いや、ファミリー展となりました!
f0189650_11320746.jpg
f0189650_11414535.jpg
f0189650_11413984.jpg
私もこれを!

『日本一貧乏な観光列車が走るまで』
全国の書店でもAmazonでも好評発売中です!
http://amzn.to/2o0Sisa
f0189650_11394030.jpg
正直なところ、百貨店で本は売れないだろうなーと
思っていたんですが、
ちょっこし売れました!うれしい!


そして1週間の会期が終わり、昨夜は撤収ーーーー!
f0189650_11452777.jpg
私はいつも、ものづくりや職人さんたちを
記事で応援する立場ですが、
今回はじめて自分もメンバーとして参加させてもらい、

「つくって売る」一連の流れを身を以て知ることができ、
本当にいい勉強になりました。

考えて、つくって、届けて、売る。

価値を、物語をわかりやすく、魅力的に発信して
お客様の心を動かし、生活の糧を得る。

本当に大変なことです。

だからこそ、細部にまで心をこめなければ。

それを教えてくれた「旦」メンバーの皆さんに、
心の底から感謝を。


昨日、閉店時間まぎわになると、
メンバー同士が
「実は会期中ずっと気になっていたんだけど…」と

お互いの作品を買う、買う(笑)。

私も「旦(あした)」の撮影をしてくれた
カメラマン山岸せいじさんの
(この会場の設営プランも考えてくれました!)

素敵な作品「しずかな時間」(なんと3500円&税!)を
自宅に連れて帰りました。

一番通るところに飾る。すごくいいーーー。
f0189650_12054497.jpg

これを見るたびに、このファミリー展も思い出す。

いくつになっても新しい経験がある、幸せです。


最後にバンドみたいにメンバー紹介をして終わります。

「みんなー、ゴキゲンなメンバーを紹介するぜ!」(笑)

・北海道から生まれた新しい「おめでとう」のカタチ
 江差町の名匠、及川繁治さんによる“北限の桐”箱
   結納ウッドクラフト「旦(あした)」

・「旦(あした)」の漆盆を力強い手彫りで制作
 毎日使ってほしいから細部にまで心をこめて
   木工房緑舎 屋中 健洋 Takehiro Yanaka

・「旦(あした)」の取手は美しい真鍮製
 サビに強く経年変化も楽しめる真鍮をご家庭に
   闇月創房 逸見 茂樹 Shigeki Henmi


 闇月創房の逸見和栄さんは、
 会期中、すばらしい接客とまめなSNS情報発信で
 場を多いに盛り上げてくれました!

・「結納」本来の心を上質な一品に込めて伝えたい
雅印作り・ポチ袋作りのワークショップも開催!
  工房黄華 新 尚江 Atarashi Naoe

・漆盆に添えたくなる花器もご提案
吹きガラスのやさしさに毎日を見守られて
  Studio π 上杉 高雅 Takamasa Uesugi

・豆大国、北海道から地豆の魅力をマメに発信中
著書『地豆の料理 食卓に並べやすい地豆のアイデアレシピ100』
  伊藤 美由紀 Miyuki Ito

・ポスター・パンフレットの撮影と
「家」をモチーフにした会場プランを実現
  山岸 せいじ Seiji Yamagishi

・「旦(あした)」のロゴは箱とお盆をイメージ
 会場内の“家系図”も温かみのあるデザインで
   rocketdesign 菊池 信悟 Shingo Kikuchi

・北海道のモノ・まちづくりを取材で応援
著書『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで』
  佐藤 優子 Yuko Sato


・本展の企画・コーディネーター
北のクラフトプロジェクトいぷしろん 
  舟見 優子 Yuko Funami


以上、ゴキゲンなメンバーでした!

by miminibanana | 2018-07-25 12:28 | レポート | Comments(0)

10日ぶりにラン!

7/24火曜。

朝イチ、原稿を送ったあとに、
10日ぶりに朝ジョグへ。

7月に入ってから
ぜーんぜんやる気が起きなくてまだ2回目。

「わたしのバカッ!北海道は冬になったら
 走りたくても走れないのよ!」

と天から岡ひろみ(古い)の声が聞こえてきて
今朝はがんばりました。

ふー、マジ、がんばった。


さあ、一日の始まりだー。

by miminibanana | 2018-07-24 10:19 | 世間話 | Comments(0)

真夏の原稿デイ。

7/23月曜。

原稿デイです。やるぜ、やるぜ!

涼しいカッコウしてるから
誰にも見せられないぜ!


明日は取材&新しい案件の打ち合わせ。

長期の案件をいただいて
その資料読みも始めないとなー。

企画書と台割を作る。実は好きな作業。

by miminibanana | 2018-07-23 20:31 | 世間話 | Comments(0)

岩波を2冊

7/22日曜。

ほわ、札幌、涼しいを通り越して
ちょっと寒いくらい?


先日、岩波少年文庫『ながいながいペンギンの話』と
岩波文庫『まっぷたつの子爵』を購入しました。

前者は、子どもの頃に読み損ねて
やっと手に入れたもの。

あとがきによると、
一時期絶版の時期もあったようですが
2000年に新装版の第一刷が出て
ふたたび息を吹き返します。

2018年に新装版の13版が出て、
私はそれをたまたま
手に入れることができました。


後者は、すすめられて偶然見つけた1冊。

主人公のメダルド子爵は、戦争で大砲に
顔もからだも吹き飛ばされちゃって
残った「右半分」で命からがら故郷に帰還しますが、

その残った半分が「メダルドの悪い半分」だったせいで
故郷に暗い恐怖をもたらします。

というところまで読んで、続きはまた。


岩波の本は書店側の「買い切り」契約で
売れ残っても出版社に返本できないため、

書店にとっては
すぐに補充できない歯がゆさもあるでしょうが、

やはり岩波文庫がずらっと並んでいるさまは
圧巻の一言。

つい手が伸びちゃいますな。

by miminibanana | 2018-07-22 22:25 | 世間話 | Comments(0)