カテゴリ:おすすめ( 252 )

古川義森さんの切り絵詩

10/17水曜。

ああ、いい天気でしたね。

今日は、俊カフェに行って

ご店主古川さんのお父様
古川義盛さんの切り絵詩を見る。

編集者であり詩人でもあった
古川義盛さんの切り絵詩、

ステキだったなあ。


さあ行こう
遠くの町で
たっぷり
遊ぼう

なんていう、
大きいスケールの世界観、
ぐっとくる。

海や雪景色を題材にした作品もあり、
視線がつねに「外」に向いている。

少し右肩上がりの(というか、左下に流れる)
書体も、風が流れているようでのびやか。



海を持ってきて
やったぞと
Kが樹木の破片を
手みやげに
酒を飲みにくる

流木に浮く
塩を舌にのせると
胃袋を満たして
海がひろがる
冬の渚をたたく
波がきこえる


うーん、かっこいい。

「手みやげ」「胃袋」、
女性は出てきづらい単語かも。

気持ちよく「マイッタ!」と言いたくなる。

by miminibanana | 2018-10-17 17:27 | おすすめ | Comments(0)

ゴビを見つけた!

5/23水曜。

原題は「FINDING GOBI」
「ゴビ 僕と125キロを走った、奇跡の犬」

やっっっと見つけた!見つけました!

ずっっと読みたくて
日本語訳が出るのを待っていたんです。
f0189650_21534028.jpg
この本はですね、
ディオン・レナードという
オーストラリア人の男性が

ゴビ砂漠を走る過酷な250kmマラソンに出場し
そこで迷い犬と出会ったノンフィクションです。

もちろん「出会った」だけではありません。

英語ですが、
こちらのニュース動画を見ていただければ
一目瞭然!

私もYoutubeでゴビのことを知って以来、
すっっっかりファンになりました。

ディオンさんのSNSをずっとチェックして、
“FINDING GOBI”の出版も、
本書が世界各国で翻訳されて
大ベストセラーになっていることも知っていたので

「い、いつ?日本語版はいつ出るの?」と
心待ちにしていたのです。

いやあ、よかった。今年の5月にやっと出たんだ!

私が大好きな弘栄堂書店さんで見つけました。


トークショーも終わったし、
ちょっとひと息の読書時間がこの本なんて最高!

今夜から読んじゃうぞ〜らららら〜。

by miminibanana | 2018-05-23 22:08 | おすすめ | Comments(0)

札幌でトークショーやります!

5月20日日曜 14:00〜15:30
紀伊國屋書店札幌本店さんで
永山さんと一緒にトークショーを行います。

事前予約不要・参加無料です。

知らない人が多いと、き、緊張するので
お知り合いのみなさん、
よかったらいらしてくださいなー。
f0189650_12095268.jpg

by miminibanana | 2018-04-24 12:11 | おすすめ | Comments(0)

第6回はまなすセミナーで伊藤さんトーク

4月20日金曜。

以前も書きましたが、

私が尊敬する先輩フリーライターの伊藤由起子さんが
編集・発行しているフリーペーパー、
ハマナスと香りの情報誌『ルゴサ』の5号が届きました!
f0189650_12023592.jpg
ご自分で丹念に資料や体験者の声を集め、
北海道のハマナス史を追いかけている伊藤さん。

今号のインタビューは、
お茶の土倉の社員さんが登場。

商品開発のため、
ハマナス摘みの現場に入っていったお話が
掲載されています。


中面は、まさに伊藤さんにしか書けない
「石狩はまなす香水物語」

今号から昭和編に突入しました!

明治期に北海道開拓使が手がけた
天然香料「ハマナス油」の試験製造から時が経ち
昭和13年に再び、
北海道でハマナスの香料づくりが始まったそうです。

「蒸留法」や「溶剤抽出法」などの
専門用語もしっかり解説してくれています。


5月13日日曜には札幌市北区の札幌エルプラザで
伊藤さんのトークイベントも開催されます!
f0189650_12560775.jpg
写真提供/石狩浜定期観察の会

第6回はまなすセミナー
生活文化史にみるハマナス 〜食用、薬用、香料〜

2018年5月13日(日)13:00開場
会場 札幌市北区北8条西3丁目
札幌市環境プラザ・環境研究室(札幌エルプラザ2階)

参加料1000円

お話 フリーライター 伊藤由起子さん

第一部 アイヌ文化とハマナス 13:30〜14:50 
第二部 ハマナス香料のお話  15:00〜16:20


協力 札幌市環境プラザ、一般財団法人 アイヌ民族博物館


お申し込み(定員60名先着順)はこちら!

石狩市役所環境保全課 
電話 0133-72-3269(平日9:00〜17:00)
メール ihama@city.ishikari.hokkaido.jp

参加者、住所、連絡先をご連絡ください。


アイヌ文化にみるハマナスの食用・薬用の例や
かつて北海道でハマナスの花から
香料が作られていた郷土史など

幅広いハマナストークを聞ける機会です。

関心がある方、ぜひ会場にお運びください。


ハマナスと香りの情報誌『ルゴサ』をご覧になりたい方は、
ys@aurora-net.or.jp 伊藤さんまでご一報ください。

私の名前を出してくださってOK!
送ってくれますよー。

by miminibanana | 2018-04-20 13:04 | おすすめ | Comments(0)

本日発売!新刊『〝日本一貧乏な観光列車〟』

2018年3月2日金曜。

北海道はこの暴風雪で
書店への雑誌の入荷もままならないなか恐縮ですが、

ずっとお知らせしてきた新刊が発売になりました!

永山茂監修/佐藤優子著
『〝日本一貧乏な観光列車〟が走るまで
 「ながまれ海峡号」の奇跡』(ぴあ)


北海道はいつも通り、
3〜4日遅れて店頭に並びます。
f0189650_10254561.jpg
アマゾンでの購入はこちらから!


去年の10月末に初めて乗った
道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」。

取材のため、いろいろと見せていただきました。
こちら、函館駅の車庫に帰ってくる車両。
f0189650_10225242.jpg
観光列車の飾りつけにも立ち会わせてもらいました。
どーーーーんと大漁旗! 道南らしい!
f0189650_10210941.jpg
道南いさりび鉄道さんには
JR北海道から譲渡された車両が9両あり、
うち6車両を5色のデザインで展開しています。

これはいさ鉄が作ったペーパークラフト。
どの車両にも共通しているところがあるの、わかりますか?

それは…本を読めばわかるのです(笑)。
f0189650_10213035.jpg
肝心の内容は、鉄道愛好家ならずとも(私もそうでした!)

「まちづくり」や「地域創生」「コミュニティ」
「プロと素人」「異業種と組むときのビジネスマインド」
「他者と一緒に何かをつくりあげるには」など

幅広い方々に関心を持っていただける構成になっています。


特に第四章は、主人公である
観光ビジネスのプロフェッショナル永山茂さんの
《永山イズム》ともいうべきビジネス論が凝縮された

読み応えのあるものになったのではないか、と
手前味噌ながら思っています。


“非鉄”の私を最後まで
力強く引っ張ってくださったのは、
永山さんでした。

ただ、ただ、感謝の一言です。

そして、いさ鉄の小上社長、春井さんをはじめ、
ご協力いただいた皆様のおかげで完成した1冊です。

ありがとうございました。

この取材を機にお近づきになれてうれしい
函館市・北斗市・木古内町の方々もいっぱいできました!

どうか、このご縁が続きますように…。


ぴあの編集の宮内さんにも
迷える私の“灯台”になっていただき、

細やか、かつ切れ味のいいプロのお仕事ぶりで
幾度も難関を救っていただきました。

本当にありがとうございました。

ああ、早く北海道の店頭で見たいなあ!

という北海道生まれの本が
じきに店頭に並びます。

皆様、応援よろしくお願いいたしまーーーーーーーす!

by miminibanana | 2018-03-02 10:55 | おすすめ | Comments(0)

新刊『日本一貧乏な観光列車』見本、到着!

2月25日日曜

ららららら〜。

見本が届いてました!
サイズはB6判 本文192ページ

このかっこいいブルーの表紙が目印です。
(本書のもう一人の主人公、
 観光列車「ながまれ海峡号」の車体と同じ色!)
f0189650_13573266.jpg
装丁が面白くて、
カラフルな写真の部分は全て「帯」です。

監修の永山茂さん
(帯の裏に腕組み姿で写っておられます)とも
「いい仕上がりですね〜」と
ニヤニヤメールを送り合っています。

3月2日発売まであとちょっと!
(北海道は3〜4日遅れます)

by miminibanana | 2018-02-25 14:04 | おすすめ | Comments(0)

藤女子の船木先生のトーク&ワークショップ!

11月23日木曜。

以前、北海道書店ナビでフルコースの取材に
ご協力いただいた

藤女子大学 人間生活学部 人間生活学科
准教授 船木幸弘先生が
トーク&公開ワークショップを開催されます。

【参加費無料】先着40名様受付中!
働き方改革 体験イベント

「働き方改革」や「職場づくり」が気になる人におすすめ!
『Off-JTに活用する人間関係づくりトレーニング』著者の
船木先生のトーク&公開ワークショップを開催!

12月9日(土)13:00〜15:30
札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55
紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン
申し込み:TEL011-231-2131もしくは店舗カウンター
※参加者には教材を進呈!

フルコースのときも、


を作ってくださって、

学校では教わらない「人間関係」を
社会に出たら急に求められる若者に対して

その非力さを一方的にとがめるのではなく、
企業の側はどう対応すべきか、
といった貴重なお話もうかがいました。

その船木先生が2017年9月に出した近著がこちらです。

『Off-JTに活用する人間関係づくりトレーニング』
星野欣生監修/船木幸弘著  金子書房
f0189650_12591056.jpg
先生のご専門は「人間関係づくり」ですが
なかでも体験学習、
ワークショップに力を入れておられます。

本書の中でも、
あらゆる問題解決の出発点となる
自分と向き合うこと=「私マップ」づくりなどの
プログラムが掲載されています。
f0189650_13011259.jpg
これね、右ページの用語集、
たとえば

愛情/家庭をもつ/仕事の安定性/仕事の質

省エネ意識/お金・富/得ること/経済的な安定

人間力/コミュニティ/スピーディ/困難な課題

決断力/時間的自由/誠実さ・堅実さ/手際の良さ

の各行のなかから
一番大切だと思う単語1つにマルを付けるんです。

このとき、
「仕事上、大切だと思うもの」
「生活上、大切だと思うもの」
「両方において大切だと思うもの」は色分けをする。

その選んだ単語をハサミで切り取り、
「私マップ」に貼っていくと、

自分はなにを大切に考えている人間なのか、
ということが浮き上がってきます。

それがわかれば、そのあと、
なにか判断しなければいけないときの
心の寄りどころになってくれる。

「こっちもよさそうだけど、
 うーーん、やっぱり納得がいく選択はこっち!」的に

自分のものさしになってくれます。

おもしろいのは、
この「私マップ」は何回やってもいいというところ。

年齢や人生における就職や結婚、別れなどの転機
(これを「トランジション」というそうです)の前後に

もう一度「私マップ」をつくると、
前回とは違うものが出来上がってくる、
ということでした。


実は私も、船木先生の取材中に
実際にやらせてもらいました「私マップ」づくり。

まー、人生が仕事に偏っていること!

我ながら、どうもぬくもりに欠ける価値観に
思わず苦笑いしてしまいましたが、

それがわかったこと自体に
なぜか安心したような気がします。

「もう少し、
 仕事以外のことも大事にしよう」とも思ったし!


最初の話に戻りますと、

ということを体験学習を通して学ばせてくれる
船木先生のトーク&公開ワークショップは
以下の通りです。

「働き方改革」や「職場づくり」が気になる人におすすめ!
【参加費無料】先着40名様受付中!
働き方改革 体験イベント

12月9日(土)13:00〜15:30
札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55
紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン

申し込み:TEL011-231-2131もしくは店舗カウンターへ
※参加者には教材を進呈!

関心がある方、ぜひお運びください!

by miminibanana | 2017-11-23 13:10 | おすすめ | Comments(0)

初体験!「薄野ナイトツアー」

10月10日火曜。

昨日、一般社団法人かもテラさんが主宰する
薄野ナイトツアー に行ってきました。

下記のサイトの一番下に詳しい情報が載っています。

市民の有志ボランティアさんがガイドしてくれる
夜のすすきの街歩きで、参加費は1500円。

夜7時スタートで、一時間強歩きます。

こんなステキな灯りも用意してくれました。
f0189650_12314940.jpg
全国に知られる夜の繁華街ススキノには
実はいろいろな宗派のお寺が密集しています。

ススキノに阿吽像がいたなんて知らなかった!
f0189650_12334288.jpg
鴨々川沿いにある古民家ギャラリー「鴨々堂」から
出発して、最後は再びそこに帰ってきます。

右端にいるガイドさん、書生風の衣裳で風情を演出。
普段は塾の先生をしておられるのだとか。

「鴨々川の川底は、実は二層になっています。
 鯉たちは冬になると下の層にもぐって過ごします」
f0189650_12375184.jpg
このツアーは毎週月曜と土曜にやっていて

月曜は、私が行ってきた「薄野ナイトツアー」で
土曜は、お昼スタートの「薄野寺町BOZUめぐり」

外歩きがつらくならない、10月末で終了のようです。


街歩きといえば、
タモさんのあの番組ですっかり定着した感がありますが、

案外、地元を歩いたことがある人は少ないのでは。


7人くらいの少人数なのもよかったですし、

ススキノとは違う、
ありし日の「薄野」を知ることができた
とてもいい時間でした。

よかったらぜひ〜。

by miminibanana | 2017-10-10 12:49 | おすすめ | Comments(0)

「すばらしき映画音楽たち」感想

昨日、札幌国際短編映画祭の特別招待プログラム
「すばらしき映画音楽たち」を観ました。

いやあ、傑作!

ドキュメンタリー映画なら
映画館で観なくてもいいんじゃないの?

と思いがちですが、

いやいや、おくさん、それは早合点です。

映画音楽と切り放すことのできない数々の名場面が
「これでもか!これでもか!」と出てくるので

(疾走するロッキーとか!E.T.のあの場面とか!)

この映画こそ、
ぜひ劇場のスクリーンでご覧いただきたいのです。

予告編を貼っちゃいますね。



今回は札幌国際短編映画祭の特別上映で
限定3回だけ上映されますが、

最後の上映は、明日10月10日の夜7時から。

会場は、狸小路5丁目の「札幌プラザ2・5」

上映時間は1時間33分です。

古くはトーキーから始まる映画音楽の歴史や
作り手の制作にかける思い、
エポックメイキングなあの音楽、

私たちが知らない作曲家たちの技術・葛藤・情熱を
あますところなく見せてくれます。

映画マニアじゃなくても十分楽しめますし、

「好きなことを仕事にしているプロフェッショナル」
の姿を知るお仕事ムービーでもある、と私は思いました。

ちなみに、原題は「SCORE」。

このタイトルが出てくる場面が最高にカッコイイです。
おすすめ!


by miminibanana | 2017-10-09 21:37 | おすすめ | Comments(0)

映画「すばらしき映画音楽たち」札幌上映あと2回!

10月8日日曜。

三連休ですね! みなさま、いかがお過ごしですか。

今日の私は札幌国際短編映画祭へ!

昨日トークを聞きに行った作曲家の戸田信子さんが
エグゼクティブ・プロデューサーを務めた

ドキュメンタリー映画
『すばらしき映画音楽たち』を見に行きます。

「スター・ウォーズ」や「E.T.」でおなじみの
巨匠ジョン・ウィリアムズや、

「パイレーツ・オブ・カリビアン」
そして新作「ダンケルク」もすごかった
ハンス・ジマー、

「バットマン」やティム・バートン作品を多く手がける
ダニー・エルフマン、

そして、そして、私の大好きな
「ロード・オブ・ザ・リング」のハワード・ショアなど!

著名な作曲家たちの作品制作の真髄に迫る
傑作ドキュメンタリー。


「映画音楽のことを知ってもらいたいという思いだけで、
 仲間と一緒に作りました」と戸田さんは語ります。
f0189650_09564896.jpg
左:作曲家の戸田信子さん 右:札幌国際短編映画祭の山岸実行委員長


上映は昨年アメリカでスタート。

(大手配給ではない)単館上映でしたが、
じわじわと口コミで人気が広まり、
いま公開劇場が広がっているそうです。


今回は特別に札幌国際短編映画祭のために
札幌で三日間だけ上映されます!

チャンスはあと2回!

今日の夜8時からと、
10月10日火曜の夜7時からです。

これは絶対スクリーンで観たい!

会場は狸小路にある「札幌プラザ2・5」です。


戸田さん曰く「映画音楽の作曲家は監督の翻訳者」。

監督がどういう作品世界を作り上げたいと思っているか

世界観を共有し、それを音楽に具現化していく
大事なお仕事だということを知りました。


それとですね、戸田さんは本当にすばらしい方で、

映画音楽好きが高じてとうとう日本ではじめて
映画音楽専門のオーケストラも作っちゃったのであります。

フィルムスコア・フィルハーモニック・オーケストラ

去年2月に行われた
ジョン・ウィリアムズ生誕85周年記念コンサートは
大盛況に終わり、

今年8月の追加公演も
たちまちソールドアウトになったほど。


しかも100名以上のビッグオーケストラの演奏が、
なんと入場料たったの2000円!

この驚愕の値段設定も

「映画1本を見に行くような感覚で
 映画音楽コンサートを気軽に楽しんでほしいから」

という思いがあるからこそ。うーん、カッコイイ!


札幌国際短編映画祭 特別招待作品
映画『すばらしき映画音楽たち』(93分)は
 10月8日(日)の20:00〜21:45
 10月10日(火)の19:00〜19:45

狸小路5丁目の「札幌プラザ2・5」で上映されます。

当日券は1300円! ぜひお運びください!

札幌国際短編映画祭

by miminibanana | 2017-10-08 10:29 | おすすめ | Comments(0)