2018年 07月 08日 ( 1 )

太郎吉蔵デザイン会議、最終日

7/8日曜。

太郎吉蔵デザイン会議、3日目。

気持ちのいい涼しさをまとった
晴天の最終日となりました。

「観光力」とはいったい何なのか。

3日間の総括を含めたディスカッションが続きます。

一人5分程度のプレゼンテーション
「こんなところに行ってきた」では、

カリフォリニア州ソノマでの
ウェディングパーティーから始まり、

キャンピングトレーラーで訪れた猪苗代湖、
栃木県岩舟町にある
古民家スタジオでのよもぎもちづくり、

地元、滝川の丸加高原や
雪山でのバックカントリー、

緑豊かな通学路の中札内村、
そして海を超えた台北のパン屋事情など

個性豊かな6人のプレゼンで国内外をひとめぐり。

休憩をはさんだのちに、

梅原さんは「どこかはナイショ」の秘境温泉宿を、
原さんが「マナーの悪い団体客」だけではない
中国のいまの姿を紹介し、

最後の最後に、原さんが
「観光の中に未来が入っている」と述べて
3日間のプログラムをすべて終えました。


個人的には、今年の濃密度がとてもよかった!

「観光力」というテーマが身近な話題でしたし、

私が書いた「ながまれ海峡号」の話にも
十分、通じるところがありました。


「その土地の人たちが楽しんでいる姿を見に行く」とか
「なにもない」を見たいと思う人たちがいることーー。

「コト」消費から「トキ」消費へーー。


つかんでいるひとたちはすでにつかんでいる、
「これからの観光像」に迫った3日間でした。


山岸さんをはじめ、山岸さんや山岸さん、
矢口さんや矢口さんや、矢口さんまで(笑)

関係者の皆様、本当にお疲れさまでございました。

や、スタッフがたったお二人というわけではありませんが、
やはり立役者のお二人、
山岸さんと矢口さんに心から感謝を!

by miminibanana | 2018-07-08 17:08 | 世間話 | Comments(0)