かの書房オープン!個人的な続編

3/20水曜。風が強いなあ。

今週の3/18月曜は、札幌市豊平区美園にできた
「かの書房」さんの開店日。


f0189650_13450821.jpg
北海道書店ナビでは、
ご店主・加納あすかさんのことを
昨年からずっと追いかけてきました。

なので本来でしたら毎週月曜更新の書店ナビですが、

今回は月曜のお昼に取材・撮影して、
火曜のお昼までに
画面を制作して更新するという変則バージョンになりました。


こんなに全国から注目を集めている
《北海道で久しぶりのひとり本屋さん開業》ですから
来週の月曜まで待つなんて、もったいない!

ご本人のTwitterにはかないませんが(笑)
どこよりも早くお届けしている開店の記事がこちらです。



ちなみに、かのさんが資金集めに行った
クラウドファンディングのリターン(返礼品)に
1人5冊までの選書棚というのがありまして、

私も地味に参加しています。

5冊中、自分の本を2冊入れちゃった。ふははははー。

あとの3冊も大、大、大好きな本ばかり。

文章のお手本にもしているし、ユーモアもある。
スパイシーなキレ味?みたいなものに憧れています。
f0189650_13474712.jpg
f0189650_13495145.jpg
取材後の「お買い物ターイム」には、
2冊購入しましたよ。

こちらもクラウドファンディングのリターンで
支援者さんがデザインしたブックカバー(6種類の中から選べます)。

クマの上に忍者(笑)。読書中。
f0189650_14002244.jpg
中味は、季刊誌『ターンズ』で砂川のいわた書店さんが
一万円選書に入れていた玉村豊男さん著『料理の四面体』。

そして、左のこちら!
何も書かれていない文庫サイズのケースに黒い背表紙。

「文鳥文庫」というんですって。
f0189650_14001864.jpg
ほら、文鳥が。
f0189650_14001497.jpg
中をあけてみると…ここにも、チュンチュン!
f0189650_14001084.jpg
その正体は、古今東西の名作短編集!

「長くても16ページ」の
傑作短編8タイトルが詰まっていました。
f0189650_14000703.jpg
1タイトルずつの中味はこちら。
蛇腹式になっているのも面白いですね。

これなら地下鉄でも気軽に読めそう。

かのさん、さすが。
面白い本をよく知ってるなぁ。
f0189650_14000248.jpg
かの書房さんの品揃えは
残念ながらまだ未着のものが多く
ご本人のイメージどおりではないようですが、

こうやって随所で
かのさんの目利きが光る選書をお楽しみいただけます。


街中より外れにあるのは事実です(笑)。
地下鉄東豊線「美園」駅から徒歩15分。

春めいてきましたし、
お散歩びよりのときにはぜひお運びくださいな。


本屋さんがなくなるのはもう見たくない!
私からのお願いです。


●かの書房
札幌市豊平区美園3条8丁目2-1
TEL011-376-1856
営業日/10:00~21:00 不定休

by miminibanana | 2019-03-20 14:14 | 世間話 | Comments(0)