「森の六畳書房」復活の物語

7/2月曜。

今日更新の北海道書店ナビ
本のフルコースは、

浦河町で「森の六畳書房」を営んでいる
櫻井けいさんに作っていただきました。

「よりよい世界を考えるためのフルコース」


6/24の北の読書環境シンポジウムでも
ご紹介したとおり、

経営困難で一度は閉店を宣言した同店ですが、

なんと、お客の1人だった、
しかも神奈川県から移住してきた櫻井けいさんが
「うちでよければ」と名乗り出て

週に一度自宅営業することで
復活が決まりました。まるでドラマのよう!


書店ナビの取材を8年近く続けていると
「あの店が今はもう…」ということは
少なくありません。

なので、こういう「復活」の物語を
お届けできて本当にうれしい、うれしい。


行きたい書店があれば
「そのうち行こう」ではダメ。

たまにでもいいので
「通って支える」ことが
とても大事なんだと思います。

自分も後悔しないために。

by miminibanana | 2018-07-02 11:42 | 仕事紹介 | Comments(0)