映画「タクシー運転手」感想

5/31木曜。

本日は取材で久しぶりに美唄に行ってきます。

早めに移動して、まんまと現地で
美唄名物「とりめし」を食べちゃおうという
食いしん坊計画です。らららららー。


昨日観た映画「タクシー運転手」
私が大好きな韓国の名優ソン・ガンホ主演。


いやあ、久しぶりに映画を見ながら嗚咽した。


名もなき人たちが、歴史を動かしている。
組織にまぎれて「人」がいて、
「人」が自分にできることをやろうと覚悟したときに、
歴史が大きく動くのだと教わりました。

実話をもとに、韓国映画らしい「盛り」もあり、
実に映画らしい作品だったと思います。


ピーター役のトーマス・クレッチマンは
「戦場のピアニスト」で最後、
主人公を見逃したナチの大尉を演じたひと。

ドイツ役者特有の色気があり
私は「キングコング」のときの船長役が好きでした。


ソン・ガンホと名優同士、いいコンビだったなあ。

名作でした。

by miminibanana | 2018-05-31 09:54 | 世間話 | Comments(0)