ミニチュア作家・八戸めぐみ展も同時開催!

この前の投稿で
男のドォルハウス 杉山武司展 
をご紹介しましたが、同時開催は

砂川在住のミニチュア作家 八戸めぐみ展

杉山さんも八戸さんも1/12サイズという
縮尺された作品を作っているところは同じですが、

男くさぁい杉山さんと八戸さんは、
作風がまったく違うので(笑)

今度は皆さんに
驚きの八戸ワールドを知っていただけたら、
と思います。

The rising miniature modeler,
Megumi Hachinohe lives at Sunagawa city, Hokkaido.

She learns the skill of 1/12size modeling for herself.

八戸さんのスゴさを知っていただくにはまず
こちらをご覧いただくのが一番!

ちっっっっっっちゃっ! 
f0189650_16570547.jpg
(画像本人提供 以下「※」マークは同様です)


親指の爪よりも小さい切子グラスが
この世の中に存在するんですねーーー!

他にも…こちら!

左は本物のアップルパイ。

八戸さんが住んでいるまち、砂川で
多い日には1日2000個も売れるという
ナカヤの銘菓アップルパイも

彼女の手にかかると、右のちっちゃ〜なアップルパイに!

Left(Big): A popular sweet shop Apple pie
Right(Tiny): Megumi's work    incredible!
f0189650_17005537.jpg
でもそれを拡大すると…
え?ちょっと待ってくださいよ?

こ、これ、本物じゃないの?
f0189650_17034259.jpg

…食べれる、これ、ゼッタイ食べれるパイですよ!

このパイ生地の膨らみ、最後に塗った卵黄の照り
…食べる、食べらりる!
ああ、もう日本語すらもおかしくなるほどの完成度!

Can you distinguish the real from the uneatable ?
f0189650_18322587.jpg

でも、ホントはこの大きさ、というか、小ささ!
f0189650_17054700.jpg
という、驚きの八戸めぐみワールドなのであります。


しかもさらに驚きは、
こうしたミニチュア制作の技術を
彼女は独学(!)で磨いていったといいます。

冒頭の切子にしても、
棒状の透明アクリルを旋盤で回しながら
彫刻刀や模型用の刃物など
自分用にカスタマイズした道具で削っていく。

These works are made from acrylic
shaped on a lathe by her original tools.
f0189650_18331699.jpg
ガラス工芸や陶芸をしたことがある方は、
想像しやすいかもしれませんね。
でもこちらは使っているのが綿棒というミニサイズ!
f0189650_18342763.jpg
「彫刻のエッジがちゃんと見える」ところまで
彫りの再現度を高めていくそうです。
f0189650_18330800.jpg
上記3点※


このミニチュア切子は作り始めて
まだ1カ月くらいなのだとか!

The pattern of glass is called “KIRICO”(切子)
One of the Japanese traditional craftwork.
Megumi tries replicating the KIRICO to the 1/12scale
that is a very hard challenge.
f0189650_17142630.jpg
いま、彼女がモデルにしている江戸切子は、
実はさまざまな模様があり、上のグラスは
「菊花紋」か「七宝」がモチーフでしょうか。

「そうした伝統的な文様を
 ちゃんと復元できるようになれば
 アート作品として
 よりクオリティが上がると思うので
 今後はそこを突き詰めていきたいです!」


この美しい切子ランプの
真鍮に見えるボディの部分は木製(確か、黒檀)。
f0189650_17144523.jpg
それにほっそーーーーい穴を開けてコードを通して
実際に電球が点くように遊んじゃうところもお見事です。

円柱の土台をひっくり返すと、
スイッチが付いていました。

This lamp is not only beautiful but also quietly turns on and off!
f0189650_18321720.jpg

もうひとつ、八戸さんがユニークなところは、
ご自分の作品を撮影して
拡大プリントで見たときにも耐えうる
〈実物らしさ〉を追求しているところ。

肉眼だけでなく、
レンズという人口の眼を通しても
納得がいくものを作りたいーー

主観と客観の二つの目をお持ちです。

これはミニチュア作家として重要なまなざしかも。


前述の杉山さんは、バイクやクラシックカーを入れる
ガレージやカフェ、建具などのハード系がお得意で、

八戸さんのフィールドは
テーブルの上に載るような小物などのソフト系。

ご自分でもドールハウスを作っている方が
「これ、置きたい!」「使いたい!」と
彼女の作品をお求めになっていくそうです。

Other modelers often buy her works for their dollhouse.
f0189650_17345453.jpg
f0189650_17432860.jpg
ボックスフラワーも拡大鏡でのぞくと…
f0189650_17450982.jpg
ご覧の再現度! 
f0189650_17482805.jpg
今回の展示にたくさんの方が見に来られ、

その中のお一人がおっしゃっていた
「小さいは正義!」という一言に
思わず、膝を打つ思いだったという八戸さん。

「現実にあるものでも無いものでも
 小さいだけでなぜか魅力的になってしまうんですよね。

 その“わー!小さいー!すごいー!”を
 どうやったら1/12サイズでリアルに再現できるのか。
 
 それを実現するために
 素材も道具も作り方も丸ごと考えるのが
 難しくてワクワクします!」

とミニチュア制作の楽しさを語ってくれました。

切子シリーズ、ぜひ、極めてほしいなあ。

Someone says, “small is beautiful”.
Regardless of existant one or imaginary one,
They see the small endearing.

To create the super-real smallest piece,
which material is proper?
which tool is better?
and How to make originally ?

Megumi enjoys those labyrinth.
f0189650_17581772.jpg
さあ、皆さんもご一緒にご唱和ください。
「小さいは正義!」

会場で正義の作品たちがお待ちしています!


ミニチュア作家 八戸めぐみ展
現在好評開催中! 2月25日(日)まで
10:00〜18:00(最終日〜17:00)

同時開催 男のドォルハウス 杉山武司展 

会場はこちら 茶廊法邑(さろう・ほうむら)
札幌市東区本町1条1丁目8-27  電話011-785-3607

「みなさん、ぜひ遊びにきてくださーい」

男のドォルハウス展で遊ぶおちゃめな作家より

What a cutie she is !
f0189650_18403601.jpg

by miminibanana | 2018-02-20 18:12 | レポート | Comments(0)