「間違いの喜劇」感想

6/3土曜。

わあ、6/2金曜更新が間に合わず。

蜷川シアター「間違いの悲劇」最終日に
ギリギリ間に合いました。

若かりし小栗旬、まぶしい、まぶしい。


2組の双子が織りなす「間違い」に笑ってばかりですが、

肝心の「家族の離散」という究極の悲劇を
最後の一場面だけで思い起こさせる
吉田鋼太郎と「妻」役の鶴見辰吾、見事の一言。

大団円の祝祭的なエンディングに
気持ちよく涙を流しました。

# by miminibanana | 2017-06-03 00:18 | 世間話 | Comments(0)

すごいおじさん

6/1木曜。

雨が降りそうでしたが、
がんばって朝ウォーキング。雨、セーフ。

最近声をかけてくれるおじさんがいて、

「すごいねー、すごいパワーだねー」と
毎回言ってくださるので

「すごいおじさん」と命名(そのまんま)。


すごいおじさん、
私、ジャンパーを新調したんですよ。

ソックスもカナリヤみたいなまっ黄色に!

気づいてくれたかな?

# by miminibanana | 2017-06-01 11:35 | 世間話 | Comments(0)

「間違いの喜劇」上映残り2日

5/31水曜。

わあ、もうこんな時間ですか。

今週の金曜までに「蜷川幸雄シアター」の
小栗旬主演「間違いの喜劇」に行かなくては。


明日はレディース・デイだから
1100円で観れるかも、と勘違いしてきた人たちが

(特別プログラムなので、
曜日に関係なく2500円かかります)

何人かは流れ込むだろうから、混むかもしれない。

でも最終日のほうがもっと混むかなー。
むー、悩むー。


私はこれを2006年2月に埼玉まで観に行きました。

道化役の髙橋洋がとってもよかったし、
主演の小栗旬は文字どおり、輝くばかりの美青年ぶり。

彼は育ちがよく、手足が長いので
シェイクスピアが書いた
イタリア人社会の衣装がとてもよく似合うんですね。

先日見た「髑髏城の七人」でも
存在感が太い役者になっていて、魅了されました。


本作は、シェイクスピアお得意の双子もの。

ラストには「あっ!」と驚く仕掛けが待っています。

# by miminibanana | 2017-05-31 18:53 | 世間話 | Comments(0)

外から更新

5/30火曜。

午前中、フルコース取材を1本終えました。

(おもしろかったー!ちょっとブラタモリ風な世界)


お昼はそばを食べて、カフェに移動。

アイスコーヒーを飲みながら、
ラップトップをカチャカチャ。←いまここ。


このあと、もう1本フルコース取材があるので
それまでできることをやっておく。


それにしても今日の札幌は、日差しが痛いほど暑い!

半袖にしてもよかったかも。


東京に行ったとき、ラッキーなことに
大好きなブランド「KAMISHIMA CHINAMI」

(カミシマ・チナミという
 北海道出身のデザイナーさんのブランド)が

《過去のシーズンもの半額セール》をやっていたので
オレンジ色の麻のブラウスを買いました。

明日もこんな天気だったら、あれにしよっと。


いつも、青とか黒とかグレーとか黒とか黒とか黒とか
魔女みたいな格好ばかりしているので

たまには明るい色を着て、
さわやかさを演出したいと思いまーす。

# by miminibanana | 2017-05-30 13:43 | 世間話 | Comments(0)

「バベルの塔」展狙い目はガチャ!

5/29月曜。

朝、行ってきました。
おニューのアイテムを着込んでスロージョグ。

一週間ぶりに見る防風林は、
ビックリするほど緑が伸びていて、
視界がまったく変わっていた。

すごいなー、植物。

上に着るジャンパー(シェルといいます)と
ランニング用タイツとソックスを新調して
足元も気持ちも軽やか。

買ってくれた親に感謝です。ありがとう。


さて、先日行ってきた、
東京・上野にある東京都美術館の
ブリューゲル「バベルの塔」展ですが、

展示の最後にはお約束のグッズコーナーがあり、
いろいろと目移りしちゃいそうになるわけです。

が、しかーーーーーし!

一番の狙い目は、
グッズコーナーのさらに先、

出口の横にある
「モンスターズ・ピンバッジ」のガチャガチャだと
私は思います!


ブリューゲルの時代に先駆けて登場した
「奇想の画家」といわれたヒエロニムス・ボスは、

さまざまな、この世のものならぬ
「モンスター」を描いた
クレイジーな画風で知られる巨匠。

地獄や怪物がお得意だったんです。


おそらく16世紀当時のオランダでは

見る人も画家仲間たちすらも
「なにこれ?」と度肝を抜かれたはず。

その衝撃・影響力たるや絶大で、
ボス没後にも熱狂的な「ボス・リバイバル」が起こり、

ブリューゲル自身も
ボスのモンスターをモチーフにした
版画をたくさん残しています。


その版画に登場してくるモンスターのピンバッジが、
今回、ガチャガチャになってるよ、というわけです。

ほら、見て、こちらです! 1回300円。絶対、買い!
f0189650_11264450.jpg
私が当てたのは、
『忍耐』という版画に出てくる
…なんでしょう、ハト人間?

わるくなーい。
実はこのコを狙ってたんです。やったー。


ちなみに、右上に描かれてる
魚をくわえた二足歩行の魚人間は、

今回の展示会のマスコットとなり、
「タラ夫」と名付けられていました。

かわいくないYO! タラ夫!

そんなタラ夫の着ぐるみがこちら。

三次元になってさらにキモイYO! タラ夫!
f0189650_11332244.jpg

着ぐるみがここにないときは、
どうやら「お出かけ中」とのこと。

これ、絶対「中の人」がつらいですよね。

人が入ったら直立するのかなー。

見てみたいです。

# by miminibanana | 2017-05-29 11:52 | 世間話 | Comments(0)

札幌戻りました

5/28日曜。夕方。

休暇を終えて、帰ってまいりましたよー。

一年ぶり?くらいに千葉の実家にも泊まり、
羽を伸ばして、

おみやげもたくさんいただいちゃったりしちゃったりして
恐縮、恐縮。


今回は「久しぶりシリーズ」で、
10年以上ぶりに再会したお友達も。

元気そうで、本当によかった。


私も英気を養って、
明日からもまた、がんばれそうです。


明日は晴れるかな。
おニューのランニンググッズ、着てみたーい。

# by miminibanana | 2017-05-28 17:32 | 世間話 | Comments(0)

『髑髏城の七人』観劇!

5/27土曜。東京、くもり。

昨日はブリューゲルの「バベルの塔」を見て

夜は客席が回転する劇場のこけら落とし、
『髑髏城の七人』を観る。

f0189650_07480410.jpg

小栗旬、堂々たる主役の華。
山本耕史、群を抜いて美しい殺陣。

二人ともテレビで見る以上に色気あり。

眼福。

# by miminibanana | 2017-05-27 07:46 | 世間話 | Comments(0)

雨の東京2日目

5/26金曜。

東京は雨。おはようございます。

昨日は移動日。
世田谷美術館でエリック・カール展。

f0189650_07483975.jpg

宿は新橋。そうです、リーマンのまち。

夜はもちろん、こう。わははー。

f0189650_07500651.jpg

今日は上野からスタートです!

# by miminibanana | 2017-05-26 07:47 | 世間話 | Comments(0)

ホップコタン醸造・堤野貴之さんインタビュー!

●「耳にバナナが」オリジナルインタビュー!


薫風の季節に、ビール業界の新星誕生!
北海道で気持ちのいい“事件”が起きています。


忽布古丹(ホップコタン)醸造株式会社 
堤野貴之さん インタビュー

「やってきたことは
 間違っていなかった」
最高のスタートから実現する
ホップコタンの世界


北海道はようやく風薫る季節を迎えたばかりだけれど、

2017年のクラフトビール業界を振り返る年末にはきっと、
「今年の重大ニュース」に入るであろう、
気持ちのいい“事件”が起きていた。


発生時刻は今年5月10日の18時ごろ、

北海道・上富良野町で開業する新ブルワリー
「忽布古丹(ホップコタン)醸造」が呼びかけた
クラウドファンディング・プロジェクト、超スピード達成の快挙である。


《道内唯一のホップ生産地、
 上富良野で
 地ホップ100%の
 クラフトビールをつくりたい!》

「北海道・上富良野で、地ホップ100%の超希少クラフトビールをつくる!」

ホップコタンの代表であり、
ビールづくり10年以上のキャリアをもつブルワー、

堤野貴之(つつみの・たかゆき)さんの声に応じた
全国の支援者の行動は素早かった。


横のつながりが深いと評判の
クラフトビール業界の仲間をはじめ、

全国各地のビアバーや飲食店関係者、
愛好家たちが「ポチッ」とした結果、

クラウドファンディング開始後、
わずか18時間で目標額650万円を達成!

2日目には支援額が1000万円を超え、
堤野さんの心中には喜びだけではないざわめきが走った。


現在は、新たな目標「ストレッチゴール」1,800万円を掲げ、
5月22日段階で1,500万円強の支援が集まっている。

(しかも募集終了まで残り「33日」もあるのだ!)


これはもう立派な “事件”と呼んでもいいのではないか。

渦中にいる堤野さんに札幌でお話をうかがった。
f0189650_13365481.jpg



続きを読む!

# by miminibanana | 2017-05-24 13:18 | レポート | Comments(0)

ちょっとバタバタ

5/24水曜。

はい、昨日取材をした原稿をアップ。

これからランチ。
夕方には打ち合わせ。


明日から札幌不在です。
忘れ物しないように、自分。

大丈夫、チケットはもうお財布にいれました!

# by miminibanana | 2017-05-24 12:14 | 世間話 | Comments(0)

本日は取材デイ

5/23火曜。風、強し。


本日は北海道書店ナビ、フルコースの取材デイ。
札幌市内を2カ所、うかがいます。


そのあと、来月にやる予定の
「高校生版フルコース取材ワークショップ」の打ち合わせ。

はじめての試みなので、
私も担当のAさんもドキがムネムネ。緊張しています。

本番まで、準備がいっぱいある。


や、でも、
チャレンジしてこそ得られるものがある!はず!

やわらかく対応したい。

# by miminibanana | 2017-05-23 10:25 | 世間話 | Comments(0)

今週後半は札幌不在です

5/22月曜。曇り。

ウォーキング、ちょっと涼しかったです。


さあ、原稿、原稿。

今週後半は札幌不在。

やれることをやっておく。

# by miminibanana | 2017-05-22 14:05 | 世間話 | Comments(0)

ああ、日曜日

5/21日曜。

今日はこちらへ。「俊カフェ」。

詳細はまた今度。素敵な時間でした。
f0189650_21260749.jpg
家に帰ったと同時にメールがきて、

競馬に勝ったご近所さんに誘っていただいて、
いつものお鮨屋さんに。

What a wonderful Sunday ! isn't it ?

# by miminibanana | 2017-05-21 21:29 | 世間話 | Comments(0)

ドクターコンのミュージタムスタンプ展

5/20土曜。

晴天が続いてうれしいので、今日も
寝坊したけどいってきました、ウォーキング。

そして転ぶ。立ち上がる。
イタ…クナイ!ダイジョブ!ガマンする。


さて、イタクない気持ちのいい週末の始まり、
こんなお出かけ先はいかがでしょうか。

去年のおなじような時期にも開催され、
レポートをここでご紹介しましたが、

博物館大好きの札幌在住の会社員、

「ドクターコン」こと三上右近さんが集めた
ミュージアムスタンプ展がただいま好評開催中です!
f0189650_11310306.jpg
場所は、新さっぽろにあるデュオ2の5階
「新さっぽろギャラリー」。

入場無料で、
いろーんなミュージアムスタンプをご覧いただけます。

「スタンプだけを見て楽しめるかな?」と
心配するむきもおありでしょうが、

各スポットのスタンプは、
そこの施設やまちの“売り”を象徴する絵柄が描かれているもの。

また、それをどう描写するかも時代とともに変わり、

昨今は、動物を含めシンボリックな存在は
徐々に「ゆるキャラ化」していくなど
さまざまな時代性を読み取ることもできます。

ひとりで見ても、お友達やお子さんと一緒でも楽しい!

開催は5月29日月曜まで。おすすめでーす。

# by miminibanana | 2017-05-20 11:42 | おすすめ | Comments(0)

「蜷川幸雄シアター」ジュリアス・シーザー鑑賞

5/19金曜。

わ、昨日はここを更新しそびれちゃいましたね。

昨日は早起きをして1本書いて、
それからあわてて着替えて、映画館へ。

ただいま、昨年の5月12日に亡くなった
演出家・蜷川幸雄さんの一周忌追悼企画として

ステージの傑作選を映画館で上映する
「蜷川幸雄シアター」をやっているのでした。
f0189650_08564574.jpg
週替わりで上映作品が異なり、
第一週目は「ジュリアス・シーザー」。

ローマの支配者であったシーザーの暗殺と
その後の“正義”をめぐる血みどろの闘い。

かの有名な
「ブルータス、おまえもか」のセリフが出てきます。


ローマの絶対支配者シーザーを阿部寛がやるかと思いきや
シーザーはベテラン舞台役者の横田栄司が。

そのシーザーの徐々に肥大介していく野心を危惧し、
「このままでいいのか」と悩む高潔なブルータスを
(シーザーはブルータスの人柄を見込んで頼りにしていた)
阿部寛。

そう、実はこの芝居は、ブルータスが主役なんです。


ひとり苦悩するブルータスに
シーザー暗殺をもちかけ、焚き付けるキャシアスは
シェイクスピア俳優、吉田鋼太郎が、

シーザー暗殺後、すばやい智謀と巧みな弁舌で
ローマ市民を「打倒ブルータス一派」に導く
シーザー派のアントニーを
天才、藤原竜也が演じました。


いやあ、彼ら実力派の4人を揃え、
しかもそれぞれの適役に配した時点で
この芝居はもう、ザ・蜷川ワールド。


どのキャラクターも繰り返し口にした
「高潔」「公明正大」という本作のテーマを軸に、

真っ白なトーガ風衣装を
血の色に塗り替える権力闘争が繰り広げられました。

ああ、いいものを大きなスクリーンで観れる幸せ!


「蜷川幸雄シアター」の上映は、
北海道は札幌シネマフロンティアだけ。

とても貴重な機会ですので、
タイミングがあう方はぜひ、
ご覧になることをおすすめします。

# by miminibanana | 2017-05-19 11:24 | 世間話 | Comments(0)

今日はこんな感じ

5/17水曜。久しぶりの晴天!

朝のウォーキング、がんばりました。

午前中に原稿をあげて、午後から外出。

行きつけの丸美珈琲で、

新ブルワリー「ホップコタン」の
クラウドファンディングが
驚愕のスタートを切った堤野さんにインタビュー。


まとめたお話は、
このブログやFacebookで掲載します。

# by miminibanana | 2017-05-17 17:19 | 世間話 | Comments(0)

4年に一度ガス法定検査

5/16火曜。

ウォーキングから帰ってきたら、小雨が降り始め。

今日は4年に一度のガスまわりの法定検査の日。

シャワーを浴びて、
がーっとごはんをかきこんでから

全 力 掃 除 に取り組みました。


「見えるところを、
 見えるところだけでも!」と片付けて


「わ、悪くないかも! 
 モノは多いけど
 わりと、
 ちゃんと生活できているひとに見えるかも!」と

思えたところで、ちょうど“ピンポーン”が。


やさしそうな点検のおじさんに

ガスレンジを手前にズラされた時点で
敗 北 し ま し た 。 


そこかーーーーーーー。そこなのかーーーー。

その、いろんな料理のかけら?が飛び散っても
無視してたところをのぞくのかーーーーーーー。


おじさんが帰ったあと、悔し涙を拭きながら
折れたパスタとか、
カラカラに乾燥したタマネギとかを拾って捨てる。


もうね、いま、午後2時過ぎですが、
気分は夜7時ですよ。しょぼぼぼーんですよ。


…イヤイヤ! 見た目だけでも
部屋がキレイになったのだからよしとしますわ。


はー、なんか、甘いものでも買ってきます。

# by miminibanana | 2017-05-16 14:22 | 世間話 | Comments(2)

「カレーライスを一から作る」鑑賞

今日2回目の投稿。

昨日行ったイベントは、

移動上映会を企画・主催する「想ふ映画館」さんによる

「カレーライスを一から作る」札幌上映会 
 ~映画観ながらカレーパン食べるよ~

でした。
f0189650_12204360.jpg

映画「カレーライスを一から作る」は、
http://www.ichikaracurry.com/

アフリカから南米までの人類拡散の道のり
「グレートジャーニー」を
逆ルートでたどった探検家
関野吉晴(せきの・よしはる)さんが

武蔵野美術大学で開いた関野ゼミの記録です。


映像中、「これ、美大でやる授業じゃないよね」と
学生が言っていたとおり、

「カレーライスを一から作る」なんていう
トンデモない偉業に挑んだ
アドベンチャーでもあります。


「一から作る」の「一から」は、
スパイスの種を蒔くところからでもあり
(そっから?)

トリ肉(どのトリにするかは紆余曲折がありました)のため、
ヒナを育てるところから、

ジャガイモ・ニンジン・タマネギの野菜はもちろん、
畑でつくり(化学肥料は使わない)

カレーを食べる器も学生による手作り、
野焼きをするところから。


…ええ、まったくもって
「美大の授業」っぽくないのであります。

なぜ、そんなゼミをしたかというと、
関野さん曰く
「物事のはじめを知ると、社会が見えてくるから」。

一から、がとても大事なんですね。


畑班、トリ飼育班、器づくり班?と各班に分かれた
学生は相当、大変だったことでしょう。

ゼミ開講時には教室いっぱいだった生徒が
最後の試食のときはずいぶん減ったようにも見えましたが、

彼・彼女たちは何を見、何を感じたのでしょうか。


私の印象では、トリをしめるところも含めて、
センチメンタルになりすぎず
道徳教育的にもなりすぎず

それでいて学生たちの正直な肉声を拾い上げている
とても誠実な映像づくりだったと感じました。

(監督は、前田亜紀さんというひとでした)


ドキュメンタリー映画は、観客が観る(知る)時間を含めて
ドキュメンタリーだと思うので、これ以上はいいませんが、

観てよかった、と思える96分でした。

参加費2000円に入っていたカレーパンは、
札幌の自然食ホロさんのパン。

豆がいっぱい入っていておいしかったですよ。

上映後、最後の10分間は
3〜4人グループで感想を分かち合う時間もあり、
会場がおおいににぎわってました。

# by miminibanana | 2017-05-15 12:59 | レポート | Comments(0)

アカツキさんのプロレス本フルコース!

5/15月曜。

今日は仕事紹介から始めます。

今週更新の北海道書店ナビ フルコース企画は

++++++++++++++++++++++
大人気4コマ「味のプロレス」作者の闘魂注入!
「アカツキを作ったプロレス愛」フルコース
++++++++++++++++++++++


プロレス好きが多い芸能人にも、
プロレスラー当人たちからも愛されている4コママンガ

「味のプロレス」を描いているイラストレーター、
アカツキさんにご登場いただきました!

フルコース中、
「肉料理」本として紹介されたのが
元週刊ゴング編集長、金沢克彦さんが描いた
ノンフィクション『子殺し』です。

これを読むには、
プロレス界の複雑な人物相関図がわかっていないとムリで、

私も私なりにマチガイだらけの相関図を自作して
読み進めていきましたYO!
f0189650_11592953.jpg

いやー、楽しい読書時間でした。

自分が知らない世界を教えてもらえる「フルコース」企画、
ホントにありがたいお仕事です。

# by miminibanana | 2017-05-15 12:03 | 仕事紹介 | Comments(0)

ケガの巧妙?

5/14日曜。Happy Mother's Day!


そうです、
昨日いそいそと楽しみにでかけたイベントは、

今 日 で し た 。 ワーオ!うっかりぃ。


なので本日これから行ってきます。


ででで、でも!でもですね!

昨日間違えたおかげで
会場近くに行ったことがない
飲食店ビルがあることに気づきまして。

早速インドカレーを食べました。

ついでにサンドイッチ専門店とか担々麺の店とか
またまたランチ定食がおいしそうな居酒屋を発見。

あそこ、日曜はお休みですが、また絶対行っちゃうなー。


カレーを食べたあとは、はりきって出かけた勢いがとまらず、
街中をぶーらぶら。


「ん?あの行列は?」と思って並んだのは、

札幌駅のどさんこプラザリニューアル企画、
函館の五勝手屋本舗の「五勝手屋ロール」実演販売!

本店以外で実演販売するのは、これが初なんですって。
来週の5/16火曜までの限定販売。
f0189650_09355667.jpg
肝心の「五勝手屋ロール」とは、こちら!

あんこを細長く伸ばしてくるくる巻き込んだ中華饅頭。
素朴。なつかしい甘み。意外とコーヒーにあいました。
f0189650_09373670.jpg
と、寄り道しながら帰宅した土曜ですが、
イベントは、今日、今日が本番! 

今度こそホントだYO! 行ってきますー。

# by miminibanana | 2017-05-14 09:48 | 世間話 | Comments(0)