<   2016年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

スクリーンで観る『秋刀魚の味』

10/31月曜。おお、寒い。

昨日、札幌映画サークルさんが主催した

「日本映画名作祭2016 
 小津安二郎監督特集 
 カラー作品デジタルリマスター版」に行き、

あの名作『秋刀魚の味』を生まれて初めて
スクリーンで観てきました。
f0189650_15432964.jpg
いやー、やっぱり映画はスクリーンですね!

WOWOWで観たことはありましたが、
面白さが格段に違う! 

小津が偏愛した「赤」の配置も
はっきりとわかりました。

1962年に公開された『秋刀魚の味』は小津の遺作です。

小津は生涯独身を貫き、
ずっと二人で暮らしていた母親を本作の撮影中に亡くし、
「酒量も増えた」小津の心境が反映されているのでしょう、

まあ、劇中の9割近くが「呑んでいる」場面ばかり。
(伊丹映画と違って食べもののアップがない)

食欲旺盛に食べているのは、
若い部下役の「三浦」くんばかりで

あとの笠智衆演じる50代の主人公たち
(中学を出て40年経っている世代)は、

日本酒を、トリスウヰスキーを
ひたすら呑む、呑む、呑む。

おいしいから呑むんじゃなくて
なんというか、会話のつまみに呑む感じ。

経済的な豊かさを表しているようで、
その実、ちょっと空虚な雰囲気も感じました。


出世街道にのった裕福な教え子たちに対し、

東野英治郎演じるかつての恩師は、
経済的な困窮にあえぐ孤独な老境に入っている。

同じ「母親を亡くし、父の面倒を見る役」として、

笠智衆の娘を、
24歳でまぶしい美貌を放つ岩下志麻が演じ、

東野英治郎の娘に、
おそろしくて年齢も聞けないほどくたびれきって、
恨みがましい空気をまとった杉村春子を配置する。

実に残酷な対比でした。


もうひとつ、スクリーンで観てわかったことは、
実に「ぼんくらな会話」が多いこと。

「やるかい?」
「やるさ」
「本当にやるかい?」
「やるったら」的な小津流催眠術のような会話や、

自分のことしか考えていない男家族(父親、兄)に
淡い恋心をだいなしにされたショックを
気づかれまいとして居間を去る娘に

兄「もっと泣くかと思ったら」
父「案外平気な顔をしとった」と微笑むぼんくらな二人。

そこに弟がきて
「どうしたんだい?姉さん、泣いてたみたいだ」。


観ているこっちがビックリするほど、
ぼんくらな会話ばっかりでしたわ! 


それに対して、
ズバズバと鋭いマシンガントークで
天下の二枚目、佐田啓二をいじめていたのは、
これまた美しい岡田茉莉子でした。

ちょっと言い過ぎじゃないの?とも思いましたが、

「うるさいっ」しか言い返せない夫の姿に、
普遍的な夫婦像を見た気がします(笑)。


こういうこまごまとしたことも
テレビサイズでは、
受け取る感性ごと小さくなってしまい、

せっかくの映画の魅力を
半分も理解していなかったことに気づかされた上映会でした。


小津映画のデジタルリマスター版上映なんていう
貴重な場を企画してくれた札幌映画サークルさんに、
心から感謝の気持ちをお伝えしたいです。

YKRさん、いつも貴重な情報をありがとうございます。

やっぱり「映画はスクリーンで」ですね!

by miminibanana | 2016-10-31 16:42 | 世間話 | Comments(0)

日ハム日本一!

10/30日曜。

やりましたね!日ハム日本一!

セールです。どこもかしこもセールです。


今日はこれから劇場に
小津映画を観に行くから、

帰りにイオンをのぞこうっと。


その前に「文庫X」を読了したい。
すごい読み応えです。止まらない。

by miminibanana | 2016-10-30 14:30 | 世間話 | Comments(0)

映画『ハドソン川の奇跡』『永い言い訳』感想

観てきました。

実話をもとにした“奇跡”。

クリント・イーストウッド監督
トム・ハンクス主演『ハドソン川の奇跡』
f0189650_10025141.jpg
2009年1月15日にUSエアウェイズ1549便が、
アメリカのラガーディア空港を飛び立った直後、
カナダガンの群れに衝突して両エンジンが破壊。

機長のとっさの判断により、ハドソン川に緊急着水した実話です。

映画の宣伝コピーが、
「155人の命を救い、容疑者になった男」と
ちょっと不穏な空気を漂わせていますが、

監督のイーストウッドはなにも
久しぶりにNYに笑顔を運んだ英雄譚を
無理矢理サスペンスにしようとしているわけではなく、

使命をまっとうする職業人の尊さや
人間は日々の積み重ねでできていること、

そして誰しもが決して“完璧ではない”ことを
描いていると感じました。

近年SNSの浸透もあり、著名人や大企業のゴシップに
よくも悪くもネット社会はにぎわい、“炎上”しています。

私も記憶していますが、この不時着事件があった直後
Twitterでは、

「救出直後、チェスリー・サレンバーガー機長が
 何事もなかったかのように、
 カフェでお茶していた姿が目撃された」
「すげー!」「かっけー!」「さすがベテラン機長!」と
喜ぶ声がいっぱいリツイートされてきましたが、

そ ん な こ た ぁ な い (笑)。

冷静に考えたら、ありえないのです。

事実はどうやらお茶どころか、家族のもとにも帰れず、
神経をすり減らす「事実確認」に追い込まれていた模様。

事件後、何があったのかは、どうぞぜひ映画で確認してほしい。


人にはいろんな面があり、その人の
「ここが好き」「あそこはちょっと」があっていい。

ただ、我々は職業人が集まっている「社会」にいますから
職業人として
職務を遂行する力と責任感がある人には
純粋に敬意を払いたい。

そのことを強く再確認した映画でした。

上映時間も1時間36分と、
ぎゅっと中味が詰まった1本です。


続けて観たのはこちら。
f0189650_10195107.jpg
西川美和監督が珍しく、先に同名の小説を書き、
それを自ら映画化した作品です。
小説は直木賞候補にもなりました。

これはね、もう、

美しいひと、本木雅弘と
ミュージシャンの竹原ピストル(こういう名前なんです)
を主演に揃えた時点で 大 成 功 。

そして、あの子どもたち。
お兄ちゃん、あなたって子は…。


ストーリーや見どころはこちらの公式サイトにありますが、

モックンが切れて、子どもたちも同席している
誕生日パーティーで独白する場面は、鳥肌もの。

ああいう場面をつくること自体がエグイなあ、
さすが西川監督。

セリフがほとんどない深津絵里も見事でした。

この人には、
透き通るようなかわいらしさがあるけれど、
タールのように黒い芯がある。と、感じます。


モックンは、皆さんもご存知のように
アイドルでしたでしょう?

なので
テレビが映すこと・テレビに映されることに対する
諦観にも近い不信感がある。体に染みついている。

そこにあるのは実像じゃなくて虚像、
まさに偶像(アイドル)なんだと。

ははは、笑っちゃうよね、という自虐的な哀しみが、
あの人をちょっとユーモラスにしているんだと思います。

現役アイドル時代のモックンを知る世代には
ぐっとくる場面もあります。

ぐっときました。いいもの、見た。


見終わって、
西川さんが書いた原作も読みたくなりました。

作家である主人公が
ところどころ手帳に紡いだ文章を読んでみたい。


今年観た『怒り』と並ぶくらいの
すばらしい映画でした。おすすめです。

by miminibanana | 2016-10-28 10:53 | 世間話 | Comments(0)

応援が続く〜

10/27木曜。

野球、昨日もハラハラしましたねー。
これでやっと2対2かー。

今日もたくさんの友人知人たちが、
ドームに行くそうです。

みんな、しっかり応援してきてくれーい。


では、ワタシは打ち合わせに行ってきます。

by miminibanana | 2016-10-27 14:27 | 世間話 | Comments(0)

神の子、大谷くん!

10/26水曜。

昨日の校正出し、おおむね好評でひと安心。

じっくり見ていただいて
しっかり直して
きちんと納品したい。

作っている私たちも仕上がりが楽しみです。


夜の野球もすごかったですねー。

人気のない近所の居酒屋でテレビを見てましたが、
いやあ、落ちつかないこと、落ちつかないこと。

そして最後はやはり、大谷くん、“神の子”でした。

す ば ら す ぃ ! 

広島に戻る前に勝ちが貯まりますように。

by miminibanana | 2016-10-26 11:44 | 世間話 | Comments(0)

校正出し

10/25火曜。

原稿書いてます。

午後からお客様のところに行って校正出し。
商店街のおしごとです。

年末商戦のときに配布されるものなので、
11月中に校了、印刷のスケジュール。

がむばります。

by miminibanana | 2016-10-25 12:41 | 世間話 | Comments(0)

今日は取材2本立て

10/24月曜。おはようございます。

今日は北海道書店ナビの取材2本立て。

午後から行ってきまーす。

北海道書店ナビのサイトはこちらです。


今週と来週は、フルコース企画ではなく
10月に終わった北海道ブックフェスのイベントを2つ
ご紹介します。

今日更新分の、円山にあるzeeさん、ステキなお店でしたよー。

個人的にもまた行ってみたい。

by miminibanana | 2016-10-24 10:35 | 世間話 | Comments(0)

キコキコ商會豆本展

10/23日曜。おはようございます。

ああ、とうとうつけちゃいました、初ストーブ。

これでもう後戻りはできない。冬、始まりです。


昨日の小樽旅行。

高速バスに乗る。途中の駅「見晴」で雪、見る。
f0189650_08210215.jpg
小一時間で小樽駅に到着。
人気のオムライス専門店のランチにかけこむ。

11時過ぎでほぼ満員! やったー、すぐ座れたー。
オムライスプレートをたいらげて、アフターコーヒー。

カップ、ゴジラっぽい。
f0189650_08205339.jpg
お店はこんな場所にありました。坂のまち、小樽。
f0189650_08202193.jpg
ランチ後、近所にあった「佐々木縫製所」という
帆布を使った小物の店に行きましたが、
シャッターが下りていて、しょんぼり。

や、気を取り直して、旧手宮線を歩いて目的地に向かう。
f0189650_20523455.jpg
線路を歩くという非日常的な行為にちょっとうれしくなる。
f0189650_08260398.jpg
はい、ゴールに到着。小樽文学館。これを見に。
f0189650_08263462.jpg
同時開催はこちら。以前、取材させていただいた
豆本を制作・出版するキコキコ商會さんが出典中。
f0189650_08200703.jpg
キコキコ商會は、末木(すえき)繁久さんがやっている出版社。
奥様の智佳子さんもイラストレーターとして作品を出しています。
f0189650_08305364.jpg
豆本、こんなブラシがついてるのもあります。
「はなげ」本、かわいい〜。
f0189650_08323438.jpg
同じくミニブラシシリーズで、ハリネズミの「りっちょ左衛門」本も。
f0189650_08334114.jpg
装丁も、手先の器用な末木さんがやっておられて、
使っている布や素材が各本の中味とマッチしています。
f0189650_08350364.jpg
なんかヘンな持ち方してますが、一応大きさがわかる感じで。
f0189650_08365382.jpg
私もキコキコさんの豆本ファンでして

札幌在住の漫画家、森雅之さんの『そんな話』に続き、

今回は同じく札幌在住、
木村環さんの『ふつうのひとびと』を購入!

木村さんがキコキコさんから
本を出していたとは知らなかったなー。
f0189650_08491549.jpg
左の絵本は、木村さんの初めての絵本
『チルダくんはじめてのおつかい』です。

(フランスの出版社から出ているので
 残念ながら日本語版はなし)

シャープペンシルで描く
繊細かつシルキーなタッチに、息をのむばかり!

しかも、なんと、木村さんと森さんは昨年ご結婚されて
お二人は絵描き同士の夫婦なんだそうです、ひょえー。

うちに森&木村夫妻の豆本が揃って、なんかうれしい。


今回の豆本展示にあたり、
キコキコさんからは新作も発表されました。
f0189650_08282168.jpg
札幌のレトロスペース坂にある
「小さくてかわいいもの」を収録した
『サカのめんこちゃん』です。

ネーミング、上手だなあ。


ガロ展は今日が最終日ですが、
豆本展は11月6日(日)まで続きます。

小樽文学館には常設で
高山美香さん作の「ちまちま偉人人形」も置いてあります。

ちょっと静かに過ごしてみたい週末に
足を伸ばしてみませんか。


以前、ご協力いただいたキコキコ商會、末木さんの
「フルコース」企画はこちらです。

キコキコ商會さんのサイトには、こちらから。

by miminibanana | 2016-10-23 09:15 | レポート | Comments(0)

小樽プチトリップ

10/22土曜。

昨日は
札幌にいらしてたファッションデザイナー、
ミナペルホネンの皆川明さんのトークに行き、

今日は朝から高速バスに乗って
小樽に行ってきました。


ナマケモノの私にしては今週かなり動いてる!

でも、すぐ疲れる!体力ナッシン!

というわけで、報告は明日以降。

今日は画像を1枚だけ。旧手宮線を歩きましたよー。
f0189650_20523455.jpg

by miminibanana | 2016-10-22 20:56 | 世間話 | Comments(0)

初雪とオンナゴコロ

10/21金曜。

昨日のハコマレポート、たくさんの方に
読んでいただいてうれしいです。

ハコマの開催期間は10月23日(日)まで。
ぜひ、ステキなハコを見に行ってください。


昨夜、札幌、初雪でした。いまもちょっこし残ってる。

おとつい、雪虫を見て「気のせい、気のせい」と
見ないフリしたけどダメでした。

冬かーーー。始まるのかーーーー。

でもブーツを履けるのはうれしい。オンナゴコロっす。

by miminibanana | 2016-10-21 11:08 | 世間話 | Comments(0)