<   2016年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ポケット注意!

6/30木曜。月末です。

昨日の朝ジョグ、こんなことがありました。

以下、回想。
イメージ映像を思い描きながらご覧ください。


朝イチの仕事メールを送ったあと、朝ジョグに出て
途中、休憩してたら
ふと、上着のポケットが開いていて

家の鍵がないことに気がつきました。

そ こ か ら が た い へ ん 。

防風林のなかを警察犬さながらに
くんくんしながら早足で戻り、

「ああ、もうだめだ。

 なにが恥ずかしいって、
 こんなすっぴんで汗だくのまま
 同じマンションの最上階に住んでいる大家さんに
 『すみません●●号室の佐藤ですが
  ジョギング中に鍵をなくしたので 
  もしお持ちでしたら
  マスターキーで開けていただけませんか』と
 こんな眉毛の薄い顔で
 お願いすることを想像しただけで
 滝のように汗をかくほど恥ずかしい」

と涙目になりながら
マンションまで戻ってきたら

あ り ま し た 、 鍵 。

いつも準備体操をする駐車場に
ぽつんと落ちてました。

「あったああああああああ!」と
叫びながら拾った瞬間、

20度以上の外気に1時間近く放置されていた鍵は
ほんわかあたたかく、

その思いもよらないあたたかさに
「なにもう、やめてあたたかくしないで」と
心乱れたまま、無事家に戻ってきたのが

昨日の朝10時の私です。


そのとき、思いました。

もうビール飲んで寝たい。


その日一日頑張った自分をほめてやりたいです。

みなさまもポケット、気をつけて!

by miminibanana | 2016-06-30 12:33 | 世間話 | Comments(0)

早起き更新

6/29水曜。おはようございます。いま、朝7時過ぎ。

カーテンの向こうがあまりにも眩しくて早起きしました。


今日は暑くなりそうですねー。

書きかけの原稿の続きをやって、
通勤ラッシュが終わったら朝ジョグに行ってきます。

by miminibanana | 2016-06-29 07:19 | 世間話 | Comments(0)

五十嵐威暢さんのつぶやき集

6/28火曜。

今日のおすすめ本は、こちら。

彫刻家の五十嵐威暢さんがTwitterで発信した「つぶやき」集。
2013年に発行されました。

五十嵐さんは当時、多摩美術大学の学長に就任されていて、

クリエイターを目指す学生たちに、
「言葉の力をお裾分けしたい」と思い、日々、つぶやいていたそうです。
f0189650_9393458.jpg

美大の学生でも、アート思考も持ち合わせていない私ですが、

2014年に五十嵐さんに取材させていただくことになり、
確か、そのときに事前資料としてこれを買いました。


読んでみて、うれしかったです。

勝手な印象ですが、自分が見守られているような気持ちになりました。

たとえばこのページ。「そうだ、そうだよね」とうなずくばかりです。
f0189650_941338.jpg


こちらも。「たまには鼻歌交じりに」かあ。そう、ありたい。
f0189650_9421966.jpg


このつぶやき集「YELL」は紙のメーカー、竹尾さんから出版され、
現在は販売を終了しています。

ですが、五十嵐さんの展覧会などがあるときは
会場で特別に販売しているみたい。

見かけたときはためらわず、お買い求めになることをおすすめします。

真摯にものづくりに向き合ってきた五十嵐さんの言葉に、
澄んだ水を飲んだような気持ちになるから。

by miminibanana | 2016-06-28 09:54 | 世間話 | Comments(0)

偉大なもの、それは土

6/27月曜。やっと晴れたかー。

気持ちも前向きになって朝ジョグ、行ってきました。


途中、転ぶ。激しく転ぶ。

遠くのおじいちゃんに
「大丈夫かい」って言われるくらい派手に転んで、

涙目で半笑いになりながら「でぇじょぶです!」って見栄をはる。


あれ、地面がコンクリートだったら
絶対ジョグ用タイツは破れて、膝小僧も流血だったなー。

しかもいま、全然痛くないです。

偉 大 な り 、 土 。  あ り が と う 、 土 

土に感謝する今週の幕開け、一週間がんばりましょー。

by miminibanana | 2016-06-27 13:27 | 世間話 | Comments(0)

ASAHIKAWA DESIGN WEEK

6/26日曜。

昨日はのんびりしてしまって、ここの更新はお休み。

今日はちゃんと更新いたしますよ。


今週の6/23木曜に行ってきた
ASAHIKAWA DESIGN WEEK(通称ADW)は。

家具のまち、旭川で行われた
デザインイベントです。

家具だけでなく建築、木工などの幅広いプロダクトをカバーした
ものづくりの祭典、といっていいと思います。

今日はその最終日ですが、
私が参加したバスツアーは一日限りのもの。

老舗家具メーカー「カンディハウス」さんが主催した
札幌から旭川日帰りバスツアーでした。


札幌を出て着いたのはこちら。旭川家具センター。

会場には、世界的建築家の田根剛(たね・つよし)さんによる
インスタレーションが展示してありました。
f0189650_1136944.jpg

カンディハウスさんや他2社の椅子を使ったインスタレーション。

ひとつの椅子が出来上がるまでの過程を
部品から読み解く面白さが詰まっています。
f0189650_1137436.jpg

薪のように並べられた各部品。どこか生命力を感じさせますね。
f0189650_1139356.jpg


各工房・メーカーのブースを見学したあとは
カンディハウスの本社に移動。

そこでも、
こんな美しいインスタレーションが待っていてくれました。

椅子が空にのぼっていく!
f0189650_11431691.jpg

この椅子はカンディハウスと契約しているドイツ人デザイナー
ミヒャエル・シュナイダーさんによる「TEN」。

「空をゆく飛行機を連想した」という軽さが魅力で、
木製フレームに樹脂製の背を組み合わせた椅子なのだそうです。

飛行機のように飛び立とうとする「TEN」。座ってみたいなあ。


空といえば、カンディの次に見学した匠工芸さんでも。

1階から2階のショウルームにつながる吹き抜けを見上げると…

わーお、木の翼をもった鳥が飛んでいた。
f0189650_1149620.jpg

木工のひとはこういう遊び心がありますよね。

こちらは匠工芸の社長さんが昔使っていた大事な道具。
年季が入ってます。
f0189650_11505460.jpg


ツアーの最後は、再びカンディに戻って
ADWの開催を祝うパーティーがスタート。

総勢600人近くが集う盛大な会でした。

ビールやワインを飲んでも、
帰りは札幌までバスで送ってくれるのであーんしん。

そこがいいですよね!バスツアーって。


この日、私はひとりで参加しましたが、
バスの隣席がたまたま同じ業界の方で、

共通の話題がたくさんあり、とても親切にしていただいて
おかげで楽しい時間を過ごすことができました。

Tさん、ありがとうございました!


家具メインのツアーですが、
必ずしも家具を買って帰る必要はありません(笑)。

北海道って広すぎるので
案外、他のまちにどんな魅力、どんな産業があるのか
知らないもの(特に札幌の人たちは)。

来年のADW、ちょっと遊びに行く感覚であなたも参加してみませんか。

by miminibanana | 2016-06-26 12:05 | レポート | Comments(0)

「長原スピリットを語る」

6/24金曜。おはようございます。

昨日は旭川の老舗家具メーカー、カンディハウスさんが主催する
「アサヒカワデザインウイーク CONDE HOUSE TOUR」に参加。

以前、季刊誌「カイ」の2013年秋号で
「ものづくりと、つくり人」という特集をくんだとき、

カンディハウスさんの取材を担当させてもらった私は、

創業者であり、当時取締役相談役の長原實さんに直接、
創業のころのお話をうかがうという、

とても貴重な機会をいただきました。

(誌面には同社営業開発の白鳥孝さんも登場しています。
 白鳥さん、ご協力ありがとうございました!)
f0189650_8282868.jpg


昨年10月8日、長原さんは身まかられました。享年80。

あとでもうちょっと、現地の画像をアップするかもしれませんが、
今回のバスツアー、私の最大の収穫のひとつは、

その長原さんを偲んで編まれた冊子
「長原スピリットを語る」が手に入ったこと。

こんな冊子をつくっていたなんて知らなかったなあ。

これからじっくり読もうと思います。


ツアーには、簡単な木工ワークショップも用意されており、
ペン立てのやすりがけとつや出しオイル塗りも体験しましたよ。

底にカンディさんの焼き印も押させてもらいました。大事にしよう。
f0189650_831382.jpg


季刊誌「カイ」は2016年の春号から
紙媒体からウェブマガジンに移行しました。

バックナンバーは引き続き、取り扱っているので
興味のある方はぜひご覧ください。
http://kai-hokkaido.com/backnumber.html

by miminibanana | 2016-06-24 08:38 | 世間話 | Comments(0)

旭川デザインウィーク!

6/23木曜。

今日はバスツアーに交じって
旭川デザインウィークに来ています。

こんなステキなインスタレーションも堪能しています。
椅子の部品ひとつひとつが、生きてるみたいです。
f0189650_11364061.jpeg

by miminibanana | 2016-06-23 11:34 | 世間話 | Comments(0)

防風林の聖火ランナー

6/22水曜。気持ちのいい晴れ。

行ってきました、ウォーキング。今週2回目。


今日の防風林、カラスがすごく騒いでいて

信号待ちをしていたら、見知らぬオジサンから

「ほら、この枝、持っていきな。奥にカラスたちがいるから」
と、立派な枝を渡される。

私「あ、ありがとうございます」
(内心:や、走ってるから一瞬で通り過ぎるんだけどなー)

オ「まっすぐ立てて、ぐるぐるまわしてると来ないからね」
私「は、はいっ」
(オジサン、笑顔で退場)

その後、素直な私はそのとおりにして走り出しましたが
そのうち気がつきましたよ。


こ れ っ て 聖 火 ラ ン ナ ー じゃ ね ?

そう、あの清らかなトーチを掲げて走るひとたちですYO!


おじいちゃんおばあちゃんたちが
枝をぐるぐる回しながら歩いているのに違和感がないのは、

やっぱり「歩いている」からなんですわ。

これが「走りながら」となると、
やっぱり誰もが聖火ランナーに変身してしまう
テッパンのスタイルになるのです。


そう思い至った時点でもう、おかーしくておかしくて
笑って走れなくなり、

ついにはオジサンに申し訳ないと思いつつ、
途中で枝をそっと脇に置いて(捨てて)

いつものペースに戻りました。

実際のところ、カラスにはまったく会わず、
もう飛び去ったあとだったのかもしれません。


ああ、おかしかった。一瞬聖火ランナーになれました。

いろんなことがあるミラクル防風林。大好きです。

by miminibanana | 2016-06-22 12:40 | 世間話 | Comments(0)

ミラクルな回文絵本

6/21火曜。

久しぶりにおすすめ本をご紹介します。

残念ながら昨年46歳でお亡くなりになった
イラストレーター、フジモトマサルさんが考えた

「回文」の絵本「ダンスがすんだ」(新潮社)です。
f0189650_12315668.jpg


回文とは、
上から読んでも下から読んでも等しく読める文章のこと。

有名なのは「たけやぶやけた」でしょうか。ふ、古いか。

本のタイトル「ダンスがすんだ」も、そう。


この本のすばらしさは、その回文の面白さと

  「妻待つ」(つま・まつ) とか
  「カルテ見てるか」(かるてみてるか)

それに添えられたフジモトさんの
ユーモラスなイラストもさることながら、

なんといっても、それらの回文で

1本の長編映画に匹敵する
恋愛&冒険&社会派活劇が進んでいくところがすごい、

す ご す ぎ る の で あ り ま す 。


最初は笑いながら読んでいましたが、

「え? ええっ…おおおーーー。うわ、そこまで!」と
途中からは驚きっぱなし。

読み終えたとき
「すごいものを読んだ…」という感動が押し寄せます。

そして間違いなく、自分も回文を考えてみたくなる!

宣伝文句にいつわりなしの「ミラクルな回文絵本」です。

by miminibanana | 2016-06-21 13:00 | 世間話 | Comments(0)

元ミスターコンサドーレの読書ヒストリー

仕事紹介をします。

6/20今日更新のWEBサイト「北海道書店ナビ」
フルコース企画は特別編!

元コンサドーレ札幌所属、
「ミスター・コンサドーレ」とも呼ばれたこの方、

いまは大学講師やスポーツ教育活動も盛んに行っており、

今年1月からは地元の女子サッカーチーム
「ノルディーア北海道」球団代表に就任した
曽田 雄志さんにお話をうかがいました。

[フルコース アラカルト編]
わたしの読書ヒストリー 前編 
曽田 雄志さん

※後編は来週6/27にアップされます。

http://www.core-nt.co.jp/syoten_nav/archives/9650

記事のトップに使われている写真は
「熱」と書かれた弾幕の前に立つ曽田さんですが、

その「熱」の文字を書いた人は、
札幌生まれの書道家、八戸香太郎さんです。

現在NYを拠点に活躍する八戸さんと、
曽田さんは、
八戸さんの活動を紹介するイベントで初めて会って意気投合。

東日本大震災の支援活動も一緒に行うなどして
交流を深めていったそうです。

以前、八戸さんにインタビューさせていただいたので
その記事のリンクも貼っておきますね。

https://www.icc-jp.com/archive/feature/pickup/001204.html

お二人とも「意志あり」の人でした。

いつか、八戸さんにもフルコース、お願いしたいなー。

by miminibanana | 2016-06-20 14:17 | 仕事紹介 | Comments(0)