「原爆の絵」を知る

8月6日日曜。

昨日、偶然見たテレビ
ヒロシマ8・6ドラマ「ふたりのキャンパス」

被爆体験のない高校生が
1945年8月6日を体験した老人からの聞き語りで

その方の記憶の中にある「あの日」の光景、
すなわち「原爆の絵」を描くという

実際にある取り組みを下敷きにしたものでした。


恥ずかしながら私、まったく知りませんでした!

原爆資料館からの依頼で、
広島市立基町(もとまち)高校の学生が
2007年から続けているのだそう。

ドラマでは、過去に学生たちが描いた絵も
展示場面で使われていました。


原爆が、戦争が、何をもたらすのか。

これを繰り返すことがあっては、ならない。


高校生だけでなく、
広島市民の方々が描いた「原爆の絵」は

広島平和記念資料館の
平和データベース「原爆の絵」でWEB公開されています。

by miminibanana | 2017-08-06 11:34 | Comments(0)