「真田丸」最終回感想

12/19月曜。

昨日の「真田丸」最終回。感無量でしたね。

忠誠を誓った主を見送るしかない三十郎の悲鳴に泣き、

殿を呼びにいくのに、せんなりびょうたんを
意気揚々と持って帰っちゃう浅はかさに憤り、

いよいよクライマックスで、
「五十五歳です」と聞いたときの、
すべてが停止する信繁の表情に泣き笑い。

い、忙しかった。すべての感情が総動員でした。


三谷初大河の「新撰組!」も面白かったけど、
二度目の「真田丸」はまたさらにグレードアップ。

スタッフ、キャスト皆で、
いい作品を作ろうという気持ちがひとつだったんだろうなあ。

お見事でした。


余韻を引きずりつつ、今週は原稿を書き続けまーす。

by miminibanana | 2016-12-19 12:49 | 世間話 | Comments(0)