見てきた大河ドラマ

11/27日曜。

『真田丸』の日。

最終回まであと、ちょっとかー。

こんなに楽しんだ大河ドラマは、

若きケン・ワタナーベの『伊達政宗』と
中井貴一・柴田恭兵の『武田信玄』と、
故・中村勘三郎(当時勘九郎)の『元禄繚乱』
三谷幸喜の初大河だった『新撰組!』
宮崎あおいの『篤姫』
福山雅治の『龍馬伝』…

あ、あれ? 結構見てるんだなー。


マツケンの『平清盛』もちらちら見ていましたが、
あの時代独特の名前、

「なんとかのナニモリ?アツモリ?コレモリ?」が
覚えられなくて断念しました。

でもマツケンがすごく堂々としていて、
最後の熱病に苦しむくだりは圧巻でした。


『真田丸』の堺雅人も、
一年を通してすっかり顔つきが変わって

「役を引き受ける」とはこういうことか、
と感じ入りました。

最終回、悲しいけど楽しみー。

by miminibanana | 2016-11-27 13:37 | 世間話 | Comments(0)