エゾシカWSから『アンモナイト』へ

11/20日曜。

日ハムの優勝パレード、無事に終わってよかったですね。
寒いのが苦手な私は「TVで見る組」でした。

行ったひとたちにあとで話を聞こうっと。


昨日は、東海大の学生さん主催のイベントで
「エゾシカについて知る、使う、食べる」ワークショップに参加。

鵡川町に住む女性ハンターさんや
エゾシカ革で製品をつくる女性職人さん2人のお話をうかがいました。

本当は「使う(エゾシカ革の巾着袋つくり)」や
「食べる」ところまでいたかったのですが、
この日はもうひとつの貴重なイベントもあり、
途中で退席してそちらに移動。


1990年から1991年にかけてオール北海道ロケで制作された
山田勇男監督作品『アンモナイトのささやきを聞いた』上映会。

主演を務めたパール兄弟の
サエキけんぞうさんライブもありました!

本作は1992年のカンヌ国際映画祭で
批評家週間賞を受賞した作品で、知る人ぞ知る幻の傑作。

私も北大でロケをしていたことなどは知っていましたが、
やっと本編を見ることができました。


実はこの上映会は、昨年お亡くなりになった
この映画のプロデューサー、山崎陽一さんを偲ぶために
開催されたものでした。

この日のためにつくられた記念誌にも
「山崎陽一に捧ぐ」の一言が。

緑色のゴムボールは、
サエキさんの新曲『隕石でフレンドリクエスト』で
客席に飛んできた「隕石」(笑)。
f0189650_15155098.jpg
長くて濃い一日だったなー。

by miminibanana | 2016-11-20 15:22 | 世間話 | Comments(2)

Commented by 舟ママ at 2016-11-23 14:06 x
鵡川町の女性ハンターさんの作られた
ペット用の鹿肉ジャーキーを店で扱っています!
丁寧な作業で、美味しいと好評です。
別の講演会で、猟銃を担いでスコープを覗かせて頂きました。
道路を挟んだビルの小さな看板が凄く近くに見えて、
どきっ!とした記憶があります。
Commented by miminibanana at 2016-11-26 14:46
わ、そうだったんですね!
本川さんも「ペットグッズを販売しています」とおっしゃっていました。
この日もオモチャの銃に本物のスコープをつけたのを
展示してました。私も除きたかったなー。
ご自分を「もの殺し」とおっしゃって
命と向き合う覚悟と愛をお持ちの方でした。