「文庫X」猛プッシュ!

11/1火曜。

最近読んだ本は、29歳で亡くなった棋士、
村山聖さんの伝記『聖の青春』。

今月から始まる映画の公開が本当に楽しみ。
松ケンと東出くんの熱演を絶対スクリーンで観るのだ。


伝記を書いた著者、大崎さんの文章もすばらしくて、

「森(注:村山さんの師匠)と村山の
 心の風景が似ているのだとしたら、
 おそらくは滝(先輩棋士)も
 同じ湖と木を持っていたのかもしれない」

なんていう美しい一文もある。同じ湖と木…。


もう一冊は、岩手県盛岡市のさわや書店さんが仕掛けた
『文庫X』。

タイトルも著者もジャンルもナイショですが、

この本をこういう形で世間に知らしめようとした
さわや書店の担当者の心意気が熱い。

この本を書いた著者の覚悟も相当なものなら、

「わかった、俺も売る。この本を一冊でも売っていく」
とした担当者の覚悟もホンモノです。

私だってその気持ちになりました!

文庫Xの取り扱い店はこちらでご確認いただけます。

ぜひ。

by miminibanana | 2016-11-01 11:26 | 世間話 | Comments(0)