話題の「文庫X」購入!

岩手県盛岡市にある「さわや書店」さんが
始めた大胆な本の売り方、

書名も著者もジャンルもなにもかも隠して売っちゃう

その名も「文庫X」がいま、全国で評判になっています。


買い手が事前にわかっている情報は、
「1冊820円の文庫」ということだけ。

決して安くない価格帯ですが、
自分好みの物語かどうかもわかりません。


でも、でもですよ。文庫担当の長江さんが

「この本を読んで心が動かされない人はいない、と
 固く信じています」

というのなら、信じてみようではありませんか!


北海道で「文庫X」を取り扱っている書店一覧は、
以下のサイトでわかるようですが、随時更新もされるみたい。


私が今日なにげなーく立ち寄って
「おおっ、文庫Xだ!」とコーフンして即買いしたのは、

札幌駅にある弘栄堂書店パセオ西店さんです。
f0189650_16471489.jpg
文庫担当者直筆のカバー。
f0189650_16485869.jpg
「入魂の一冊」!
f0189650_16493936.jpg
「もし既にお持ちの本であった場合、
 返金いたしますのでお申し出ください」

確かにそういう可能性がゼロではないですものね。


ワクワクしながら開いたカバーの下は…

いやいや、ワタシだって
本好き、書店好きのはしくれです。

ここでネタバレしちゃうような
ヤボはいたしませんよ(笑)。


少しだけ明かすと、私、持ってもいなかったし
読んだこともタイトルも知りませんでした!

この著者も読んだことがなかったので、
いいきっかけになりそうです。

さわや書店さんの思いきった、
でもとっても本への愛情が伝わってくる「文庫X」、

あなたもトライしてみませんか?

by miminibanana | 2016-10-19 16:58 | 世間話 | Comments(0)