イベント紹介!《まるい》珈琲マルシェ 

9/10土曜。

Facebookにも同じ内容をアップしましたが、
ここでもご紹介します。

イベント紹介します!激長文、注意(笑)。

北海道の自家焙煎珈琲店8店舗が
《まるい》に大集合!
道外からスペシャルティコーヒー4店舗も
ゲスト・イン!

《まるい》リモデル1周年記念
《まるい》珈琲マルシェ 
期間:9月21日(水)〜9月26日(月)
会場:一条館9階イベントスペース
f0189650_10103214.jpg
空にはとんぼが飛び交い、
大通公園からは
おいしそうな香りがただよってくる秋の入口。

コーヒーがおいしい季節になってきました!

今月21日から6日間繰り広げられる
《まるい》珈琲マルシェ は
札幌を中心とする人気・話題の自家焙煎珈琲店が
自慢の豆を持ち寄るスペシャルなコーヒーイベント!

企画した丸美珈琲店の後藤栄二郎さんに
お話を聞いてきました。





f0189650_10110573.png
●このイベントのすごいところは、
出店ラインナップを見ていただければ一目瞭然!

・札幌市豊平区の月寒店と北区あいの里店を展開する
 いわい珈琲 http://www.iwaicoffee.com/

・札幌市南区藤野で《洗浄自家焙煎》にこだわる
 スタンダード・コーヒー・ラボ http://ameblo.jp/standardcafe/

・石狩本店、近年は大通ビッセにも進出!
 徳光珈琲 http://tokumitsu-coffee.com/

・札幌市中央区本店、中島公園のスタンド、まるい地下の3店舗
 丸美珈琲店 http://www.marumi-coffee.com/

・札幌のコーヒー文化をけん引、銀座にも出店
 宮越屋珈琲 http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/

・札幌市清田区本店を含め市内で9店舗の人気!
 宮田屋珈琲 http://miyataya.co.jp/

・札幌市中央区円山の森彦から続々と個性派姉妹店が誕生
 MORIHICO http://morihiko-coffee.com/

・札幌市西区の発寒本店に続いてパセオ店も好評!
 横井珈琲 http://www.yokoi-coffee.com/

オーナーが一杯に情熱をそそぐ個人店や、
豆の生産地に足しげく通う勉強熱心な専門店、
ロゴを見ただけでコーヒーの香りを感じる
多店舗展開の老舗店…

店の規模やカラー、オーナーの世代は違っても、
いずれも「コーヒー豆」に魅せられた人気店ばかり!

同じ業界に身を置いていても、
こうして一緒にイベントに参加するのは
初めてのところもあり、

「企画会議で全店舗のオーナーが集まった光景は、
ちょっと圧巻でした」と、後藤さんが笑うのも納得です。

通常は「ライバル店」の顔ぶれが一堂に介した理由は
ただひとつ。

「北海道のコーヒー業界のボトムアップ」を狙います。

消費者のニーズが多様化するいま、
専門店の味からしばらく遠ざかっているひとたちには
再び自家焙煎ならではのおいしさを、

「コーヒー?そんなに詳しくない」というひとたちにも
ムズカシクない、シンプルなコーヒーの楽しさを。

いつもはそれぞれで頑張っている
北海道自家焙煎珈琲店の実力と情熱を
このイベントを機に、
広く知っていただこうという
参加店の願いがこめられているのです。


「あの店、前から気になってたけど、
 ●●区はちょっと遠くて…」
というひと(私です)にとっても、

今回はアクセスが便利な《まるい》さんですから
うれしいかぎり。

各店舗の試飲比べを存分に楽しめます。

こうした同業の垣根を越えた専門店が集まる
自家焙煎珈琲店イベントは全国でも例がなく、

北海道「初」であり、北海道「発」。
それがこの《まるい》珈琲マルシェなのです。


●しかも!ふたつめの目玉は、
「え?あの店の豆が札幌で?」
 本州で大人気の4店舗がゲスト・イン!

こちらも丸美・後藤さんの声がけに
快く賛同してくれた4店舗の顔ぶれがすごいんです!
(店名をカタカナでご紹介しますね)

・東京の世田谷区三宿で若者4人が集まって始めた
 ノージーコーヒー http://www.nozycoffee.jp/

・富山県から国際審査員も務めるトミィさんが来道!
 セントベリーコーヒー http://stberry.com/

・名古屋で1948年創業、世界で活躍する加藤オーナー
 ボンタインコーヒー http://www.bontain.co.jp/

・京都から来る山本夫妻、知子さんはトップバリスタ!
 ウニール http://www.unir-coffee.com/

上記4店舗はすべて「スペシャルティコーヒー専門店」。

世界基準をクリアーした最高級の豆を選ぶコンペ
「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」などで
国際審査員を何度も経験しているオーナーも多く、

名実ともに各都府県を代表する
トップクラスの4店舗が
《まるい》珈琲マルシェを
さらに盛り上げてくれるのです! 楽しみ、楽しみ!

f0189650_10130532.png

●期間中はここでしか買えない豆の“お楽しみ袋”も発売!

全12店舗 珈琲豆セレクション袋 100袋限定 4,925円
スペシャルティ珈琲豆のセレクション袋 50袋限定 4,320円

ご自宅でじっくり飲み比べてもよし、
お友達同士でシェアしても楽しいかもしれません。

特に全12店舗の味がそろう100袋限定のほう、
「各店舗、気合いが入ったセレクトになりそうです」と
企画者の後藤さんがそっと教えてくれました。


●120名様に珈琲グッズがあたるスタンプラリーも。

期間中、8店舗で試飲した方に応募のチャンス!
なにが当たるかは、届いてからのお楽しみです。


●豆を美味しく味わうにはやはり「グラインダー」が。

コーヒー豆はやはり「ひきたて」が一番!
《まるい》珈琲マルシェ開催中は、会場に
電動ミルなどのグラインダーを揃えたコーナーもあります。

いまは機能もデザインも気になる価格も多種多様。

全然メンドウくさくない、ほんの「ひと手間」で
専門店が丁寧に焙煎した味を
そのままご自宅で味わえます。


ここからは私見ですが、
珈琲豆をひとりの役者に例えると、
生産者が手塩にかけて育てた生豆は、
まだ生まれたての“素材”のまま。

そこに各専門店が
さまざまな焙煎技術を駆使することで
役者が持つ可能性を引き出し、
個性を特化させる“演出”が、
「焙煎」なのではないか、と思ったりします。

焙煎家は、珈琲豆の演出家。
そう考えると、
++++++++++++++
《まるい》リモデル1周年記念
《まるい》珈琲マルシェ 
期間:9月21日(水)〜9月26日(月)
会場:一条館9階イベントスペース
++++++++++++++
には、全国各地から熱いハートをもった
12人の“演出家”が勢揃い!

これは行かなきゃ、ですよね。

身近なコーヒー、もっと好きになるチャンスです。
どうぞお楽しみに!

by miminibanana | 2016-09-10 10:14 | おすすめ | Comments(0)